ライフスタイル

世界最高齢、116歳の女性が毎日2つ食べているものって?

2016年11月01日 19時29分 JST
OLIVIER MORIN via Getty Images
Emma Morano, 116, holds a pillow reading '116 years old, Happy Birthday Emma' as she poses for AFP photographer in Verbania, North Italy, on May 14, 2016. Emma Morano is the oldest living person in the world, and the only one left who has touched three centuries. Susannah Mushatt Jones, a New York woman several months her senior, died on May 12 evening, making Morano the world's oldest known person at 116. / AFP / OLIVIER MORIN (Photo credit should read OLIVIER MORIN/AFP/Getty Images)

現在生存する世界最高齢者のエマ・モラノさんは、毎日あるものを2つ食べているという。

イタリアのバーセルで生まれ育ったモラノさんは、2016年5月に当時世界最高齢だったスザンナ・マシャット・ジョーンズさんが亡くなった後、世界最高齢者としてギネス世界記録認定された。

1899年生まれの彼女は、11月29日に117歳になる。誕生日を目の前にしたAFP通信のインタビューで、モラノさんはこう明かした。

「毎日、卵を2個食べています。クッキーも食べますよ。だけど、食事の量は多くありません。歯がありませんからね」

卵は美味しく調理しているわけではないという。貧血に効くと医師から言われて以来、何十年にもわたってモラノさんは卵を生のまま毎日食べている。

彼女の担当医カルロ・バーヴァさん驚かせているのは、モラノさんの「回復力」だ。彼はモラノさんの長寿の秘訣について「体調を崩すことはあっても、彼女は必ず元気を取り戻します。体調が良いときはとても元気です」と話した。

また2015年のインタビューで、モラノさんは長寿の理由の一つとして「誰にもしばられずに人生を楽しんでいる」ことを挙げている。30代後半で離婚して以来、モラノさんはずっと独身だ。

100歳にはまだしばらく時間がかかる人にとって、考えさせられるアドバイスだ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

長生きするために食べておきたい17の食材


【※】画像集が表示されない場合は→こちら