Huffpost Japan

アウンサンスーチー氏「憲法改正、信念あれば実現できる」 都内で会見

投稿日: 更新:
SUU KYI
日本記者クラブで記者会見をするアウンサンスーチー氏=11月4日、東京都千代田区 | Wataru Nakano
印刷

日本を訪れているミャンマー新政権の事実上トップ、アウンサンスーチー国家顧問兼外相は11月4日、都内の日本記者クラブで記者会見し、軍の権限を保障する現行憲法について「強い信念があれば、憲法の改正は実現できる」と述べ、改憲に意欲を見せた。

スーチー氏は会見冒頭、来日中に示された日本政府からの経済支援に対して謝意を示し、「日本が戦後に達成したような経済発展をミャンマーも達成できないはずはない」と話し、日本の経験を参考に民主化と経済成長を進めていく決意を示した。

また、スーチー氏は現行憲法のもとで一定の民主化が進んだとしつつも「第一に少数民族などとの和平の実現が必要であり、憲法の改正にも取り組みたい」「民主化はまだ完成していない」と強調、現政権中に改憲を実現したいとの意向を強調した。

ミャンマー西部ラカイン州で10月、武装集団と治安部隊との間で戦闘が発生。治安部隊が少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の集落で「掃討作戦」を展開、地元住民への人権侵害が起きているとの批判が出ている問題については「何が起きたかを調査し、法に基づき対処する」と答えるにとどめた。

8月に東南アジア諸国連合(ASEAN)域外で初の外遊先として中国を訪問したスーチー氏。中国との関係について「極めて良好で、さらに良くなってほしいと思っている」「敵対的な国を作りたくない。日本とも他の国々とも友好関係を持ちたい」と述べ、日中双方とバランスを保って関係強化していく考えを示した。

スーチー氏の来日は2013年4月以来で、15年11月の総選挙を経て16年3月に自身が率いる国民民主連盟(NLD)主導の政権が発足してからは初。5日に帰国する。


▼画像集が開きます▼

Close
アンジーとアウンサンスーチー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事ロヒンギャ難民の男性「僕たちも人間なんですよ」 人権改善訴える【スーチー氏来日】

アウンサンスーチー氏の大統領就任、当面は見送り ミャンマー、その背景は?