NEWS

【アメリカ大統領選】「投票したよ」女性たちが続々と集まっているお墓がある

2016年11月08日 22時02分 JST | 更新 2016年11月08日 22時02分 JST

アメリカ大統領選の投開票日である11月8日(現地時間)、女性の参政権を実現するために力を尽くしたスーザン・B・アンソニーのお墓を多くの女性たちが訪れ「投票しました」というステッカーを貼っている。

「歴史的な選挙に敬意を表しようと、女性たちがNYにあるスーザン・B・アンソニーの墓地に続々と集まって“投票しました”ステッカーを墓石に貼っている」



アンソニーが、妹のメアリーと共に眠るニューヨーク州のマウント・ホープ墓地は、次から次へと訪れる人たちに対応するため、8日はいつもより1時間遅い午後9時まで入場できるようにした。

2016-11-09-1478651598-7122079-SUSANANTHONY_original.jpg

墓地の近くにあるスーザン・B・アンソニー記念館・博物館の館長デボラ・ヒューズ氏は「これは本当にすごいことです。『こんな列ができたことがあるのか』と聞かれたんですけれど、列ができたことなんてこれまでありません」と地元のニュース番組のインタビューで話した。

下の動画には、「投票した」ステッカーを貼る人たちの長蛇の列が映っている。女性だけでなく男性も列に並んで、女性が政治に参加するための道をつくったアンソニーに敬意を表している。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集(大統領選2016 投票所に来た子供たち)▼

大統領選2016 投票所に来た子供たち


※画像集が表示されない場合は→こちら