Huffpost Japan

レナード・コーエン氏死去 世界的シンガーにして詩人、アルバム発売直後に旅立つ

投稿日: 更新:
印刷

leonard cohen

美しい歌詞を黄金の声で歌いあげるカナダのシンガーソングライター、詩人のレナード・コーエンが82歳で死去した。ソニー・ミュージックが11月10日、コーエンの公式Facebookページで発表した。

It is with profound sorrow we report that legendary poet, songwriter and artist, Leonard Cohen has passed away.
We have...

Posted by Leonard Cohen on Thursday, 10 November 2016

大変悲しいお知らせですが、伝説的な詩人、ソングライター、アーティストであるレナード・コーエンが逝去しました。私たちは音楽界で最も尊敬され、最も多才な人物の一人を失ってしまいました。追悼式は後日ロサンゼルスで行われる予定です。この追悼式は遺族の希望で、近親者だけで行われる予定です。

コーエンの逝去は、14枚目のスタジオアルバムの『You Want It Darker』が発売されてからわずか数週間後の出来事だった。このアルバムでコーエンは、近づいてくる自分の死についてストレートに美しく歌っており、最後の別れに相応しい作品になっている。


オンタリオ州トロント:マッセイ・ホールで演奏する詩人、歌手のレナード・コーエン氏。1970年12月7日、フランク・レノン撮影。

生涯を通して、コーエン氏は人間の内面に向き合い続け、人生、性、精神、死について話し、書き、歌い続けた。

コーエン氏は10月『ニューヨーカー』誌に、自分の「死が近いこと」について率直に話った。

「やることはまだある」と、コーエンはデイビット・レムニック記者に語った。「自分のことは自分でやる。死ぬ準備はできている。死が気分の悪いものにならないように願う。それが私にとっての死だ」

しかし同じ10月、ロサンゼルスで行われたリスニング・パーティー(新作アルバムの試聴イベント)で、コーエンはこのコメントを撤回した。

「私はついこの間、死ぬ準備ができていると言った。これは大袈裟過ぎたと思っている」と同氏は言い、笑いを誘った。「人は時として、過剰な自己演出をしてしまうもの。私は永遠に生きるつもりだ」

You Want It Darker Press Conference - 1

Last week, Leonard Cohen sat down in Los Angeles with his producer and son Adam Cohen and press from around the world to listen to his new album and take questions. This is the first of many clips from that event that we'll share with you over the coming days.

Posted by Leonard Cohen on Wednesday, 19 October 2016

1934年にモントリオールで生まれ、1956年にコーエン初の詩集『Let Us Compare Mythologies』(邦題:『神話を生きる』)を出版した。コーエンは1960年代にフォークシンガーとなり、1967年にはファーストアルバム、『レナード・コーエンの唄』を発表した。

コーエン氏の最も有名な曲は、バラードの『Hallelujah(ハレルヤ)』、『So Long, Marianne』、『First We Take Manhattan』、『Tower of Song』などだ。

母国カナダで、コーエン氏は「カナダ音楽の殿堂」と「カナダ・ソングライターの殿堂」の両方で殿堂入りした。2008年には、ロックの殿堂入りも果たした。この授賞式に出席した時、コーエンは『Tower of Song』の歌詞を朗読した。

2010年には、ザ・レコーディング・アカデミーは、コーエン氏にグラミー賞特別功労賞生涯業績賞を授与し、功績を称えた。

コーエンは、多くの人にやすらぎをもたらしたが、彼自身は思春期からうつと闘っていた。1990年代、ロサンゼルス郊外の山頂にある禅寺で数年間修行していた、とニューヨーカー誌に語った。

「ソファから立ち上がるのが難しくくらいの衰弱期と、活動的だが、依然として背後で苦悩の雑音が鳴り続ける期間が、代わる代わるやって来た」

結局、コーエン氏は寺を離れ、音楽に戻った。

しかし2004年には長年のマネージャーで恋人だったケリー・リンチが、彼の退職基金から500万ドルを流用していたことが分かった。ガーディアン紙によると、リンチは裁判所から950万ドルを支払うよう命じられ、その後、懲役18カ月の判決を受けた。

コーエンは財政難を解消するため再びツアーを行うようになり、大成功を収めた。『ローリング・ストーン』誌によると、2008〜2013年にかけて、健康が悪化し始めるまで、世界中でおよそ400公演を行った。

コーエン曰く「バラックに閉じ込められていた」状態だったが、彼は『ニューヨーカー』誌に自身の置かれた状況について寄稿し、その後も『ポピュラー・プロブレムズ』(2014年)など、3枚のアルバムを発表した。

コーエンの息子アダムはローリング・ストーン誌に、「その当時は、父の具合を心配していました。仕事だけが、父を鼓舞させる唯一のものだったのです」と語った。また、最近アルバムのリリースが続いたことについて、「父にはとてつもなく激しい不安感が押し寄せていて、身動きできない状況に苦しんでいました。そんな父にとって、アルバム制作はとても良い気晴らしになりました」

7月、コーエンは以前交際していたマリアン・イーレンが白血病で亡くなったことを知った。彼女は彼の代表曲「さよならマリアンヌ」のモデルとなった女性だった。マリアンの死の間際に送った感動的な手紙には、コーエンの古くからの友人を送る祈りが込められている。

「マリアン、とうとうこの時が来てしまったようだ。私たちはとっても年を取ってしまったね。この体もガタがきてしまったよ。きっと私もすぐに君の後を追うだろう」

「分かってくれ。私は君のすぐそばにいる。君が手を伸ばせば届くところに私はいる。そしてこれも分かってほしい。私はいつも君の美しさと知性を愛していた。しかし、もう他に何も言うことはない。君は全て知っているから。今はただ、君の旅路を祈っている。さようなら良き友よ。永遠の愛を捧げよう。いつかまた会える日を」

ミュージシャン、レナード・コーエンは息子のアダム・コーエンと娘のロルカ・コーエンを残してこの世を去った。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)
関連記事アンジェイ・ワイダ監督が死去 「抵抗3部作」で知られるポーランドの巨匠


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png