Huffpost Japan

真剣だけど、どこかおかしい 野生動物のユニークな写真

投稿日: 更新:
印刷

見るべきポイントをつかむと、野生動物の世界はとても愉快なものになる。

それを伝えるのが、動物たちが真剣におかしなことをしている最高のショットを表彰する「コメディ野生動物写真大賞」の目的だ。

「2年目を迎えたこの賞の作品をみれば、ユーモアは人間だけのものではないとわかります」と話すのは、タンザニアを拠点に活動する写真家で、コンテストの創立者トム・サラムだ。

「このコンテストはすばらしい野生動物写真を賞賛するものです。ただし、ユーモアにあふれたものに限ります」と、サラムはアメリカの公共放送PBSに語った。「私たちが目指す写真コンテストは、ポジティブで明るく、そして野生生物保全について真剣なメッセージを伝えられるものです」

審査員たちは、75カ国から寄せられた2000枚以上の動物写真のなかから、厳選した40作品を最終候補に選出した。

アンジェラ・ボールク撮影の大賞作品は、雪のなかに頭から落下するキツネを捉えたもの。撮影地はワイオミング州のイエローストーン国立公園だ。

「この写真は、アカギツネが朝食用に小さなハタネズミを捕まえるところです」ボールクはサン紙に語った。「残念ながら失敗した瞬間を捉えた写真ですが、どこかおかしいですよね。狩りは3回目でようやく成功しました」

大賞の賞品として、ボールクはケニアでの1週間の撮影旅行を獲得した。

それでは、ボールクの優勝作品と、他の楽しい写真をどうぞ。

「仕事がキツかった日」:ニコン・陸の生き物部門大賞、総合大賞 / 2016 © Angela Bohlke

「しまった!」:ケニア航空・空の生き物部門大賞 / 2016 © Nicolas de Vaulx

「ちょっと失礼」:水中部門大賞 / 2016 © Jim Chen

「はい、チーズ!」ワンビジョンイメージング・ジュニア部門大賞 / 2016 © Thomas Bullivant

「さかさまの世界」:アメージングインターネット・ポートフォリオ部門大賞 / 2016 © Mario Fiorucci

「夢」:アメージングインターネット・ポートフォリオ部門大賞 / © Mario Fiorucci

「顔写真」:優秀賞 / 2016 © Tom Stables

「マエストロ」:優秀賞 / 2016 © Perdita Petzl

「そいつならあっちに行ったよ」:優秀賞 / 2016 © Austin Thomas

「ハロー!」:優秀賞 / 2016 © Philip Marazzi

「興味津々」:優秀賞 / 2016 © Mario Fiorucci

「グリズリーの失敗」:優秀賞 / 2016 © Rob Kroenert

「進化」:優秀賞 / 2016 © Caroline Tout

「制限時速を知ったチーター:マジかよ!」:優秀賞 / 2016 © Vaughan Jessnitz

「草原の戦士」:優秀賞 / 2016 © Anup Deodhar

「天使になったクマ」:優秀賞 / 2016 © Adam Parsons

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
世界の「変な生き物」30選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)