Huffpost Japan

キンコン西野亮廣の絵が1000万円で売れた 「ゴッホを超えたい」

投稿日: 更新:
NISHINO AKIHIRO
お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん  撮影日:2004年09月27日 | 時事通信社
印刷

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(36)が11月13日、自身のブログで「えんとつ町のプペル」の光る絵が1000万円で売れたことを報告した。西野はサンスポの取材に「ゴッホを超えたい」と喜んだ

西野は2009年に「Dr.インクの星空キネマ」で絵本作家デビューして7年。今回は、都内で開催している自身の展覧会「えんとつ町のプペル展」で限定1セット41枚で販売した作品を、投資家が購入したという。

世の中に3セット(うち2セットは僕が保有)だけ存在する『えんとつ町のプペル』の光る絵(60㎝×60㎝)が、1000万円で売れたのです。

ありがとうございます。

購入いただいた方のご意向により、この光る絵(41枚)は高野山に奉納されることに。

いつの日か、高野山で『えんとつ町のプペル』の常設展ができるといいなぁと思っております。

「キンコン西野の絵が売れた!」と紹介されていますが、『えんとつ町のプペル』はスタッフ全員で作った作品なので、売り上げは、次回作『ぼくらは時計台で恋をする(仮)』の制作費に回します。

いつも本当にありがとうございます。
 
キングコング 西野 オフィシャルダイアリー Powered by LINEより 2016/11/13 07:50)

購入した投資家の男性は、西野と面識があった。サンスポは「創業間もない企業や個人で活動する人に対して資金面で援助する『エンジェル投資家』で、西野の絵を応援していたという」と報じた。

西野はタモリの勧めで絵本作家を志し、2016年6月には「芸人を引退して絵本作家に専念する」などと宣言。だが、芸人としての活動は続けている。

西野は、自身のInstagramで「えんとつ町のプペル展」について次のように紹介している。


▼画像集が開きます▼
Close
ゴッホの作品
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事キンコン西野、新エンブレム提案「僕ならこうする」→「天才」だと話題に【東京オリンピック】



キングコング西野が「芸人引退」宣言 ネットの反応は?