Huffpost Japan

中国、女性初の「殲10」パイロットが訓練中に事故死

投稿日: 更新:
YU XU PILOT
女性初の「殲10」パイロット余旭氏=2014年11月 | JOHANNES EISELE via Getty Images
印刷

中国軍の戦闘機「殲10(J-10)」を操縦する女性初のパイロットが、曲技飛行の訓練中の事故で死亡した。国営英字紙・環球時報などが11月12日に報じた。

CNNは14日、次のように伝えた。

事故は12日、河北省にある施設で戦闘機「J10(殲10)」を使った訓練中に起きた。中国軍は詳細を伝えていないが、国営メディアは軍関係者と目撃者の証言から、パイロットの余旭氏(30)が戦闘機から緊急脱出したと説明している。

緊急脱出の理由は不明。脱出後、別の戦闘機の翼に当たったため死亡したという。同乗していた男性パイロットも緊急脱出したが、こちらは無事だった。別の戦闘機は安全に着陸した。
 
CNN.co.jp : 女性初の「J10」パイロット、訓練中に事故死 中国軍より 2016/11/14 17:42)

国営英字紙チャイナ・デーリーによると、余氏は四川省出身で2005年に中国空軍の航空大学に入る形で入隊。09年に戦闘機のパイロットとなり、12年には殲10での単独飛行を行った。殲10への搭乗資格を認められた女性パイロットは同氏を含め4人だけという。

環球時報は14日、余氏の事故死について「中国に4人しかいない国産ジェット戦闘機を操縦できる女性パイロット4人のうちの1人であり、中国空軍にとって大きな損失だ」と伝えた。

chinadaily
今回の事故を報じるチャイナ・デーリーのサイト


▼画像集が開きます▼

Close
女性初の「殲10」パイロット余旭氏
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事尖閣諸島の接続水域に中国軍艦 日本政府、深夜に異例の抗議

「日本のホテルで水出しっぱなし」 中国卓球スターの夫が投稿、賛否の声