NEWS

橋下徹氏、トランプ氏は「歴代大統領の中で最高の実績者となる」 日米同盟にも言及

2016年11月14日 18時49分 JST | 更新 2016年11月14日 18時49分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Osaka mayor and co-leader of the Japan Restoration Party Toru Hashimoto speaks before press at the Osaka city hall in Osaka, western Japan on May 24, 2013. Two South Korean women forcibly drafted into Japanese military brothels during World War II have cancelled a meeting with Hashimoto who sparked outrage by calling them a wartime necessity. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

前大阪市長の橋下徹氏が、11月13日深夜から14日にかけてTwitterを更新、アメリカ大統領選について初めて言及し、当選したトランプ氏がこれまで掲げてきた政策について「これだけで歴代大統領の中で最高の実績者となる。恐るべし」などと記し、トランプ氏への期待を示した。

橋下氏はまず、「トランプ大統領誕生。いよいよ日本が本気で自立を考える時だ」と口火を切った。アメリカ、ロシア、中国の協調による世界コントロールの時代に突入する可能性が大きいと指摘し、シリア・IS問題について「とりあえずはアサド政権を容認し、その代わりロシアと組んでIS壊滅。きれいごとだけを言う政治家にはできない判断。ビジネスマンだ」と評価した。さらに、各国との同盟関係や核問題、不法移民の問題にも言及した。

また、トランプ氏が選挙期間中、日本に対してアメリカ軍駐留経費の全額負担を求める発言をしたことについては「全額負担すると返せばいい。残り二、三千億円の話だ。たったこれだけのお金で日本は交渉の主導権を握ることができる」と記した。

橋下氏のTwitter投稿を次に紹介する。


▼画像集が開きます▼

イヴァンカ・トランプさん

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


関連記事 豊洲市場の盛り土問題で「石原元知事は逃げられない」と橋下徹氏
橋下徹氏「稲田さんは靖国参拝から逃げた」 防衛相に苦言