Huffpost Japan

オバマ大統領、ホワイトハウスの次はこんな家に住むらしい(画像)

投稿日: 更新:
印刷


(THE MCFADDEN GROUP)

オバマ大統領一家は、2017年1月に8年間過ごしたホワイトハウスを離れる。

しかし、オバマ一家はその後もしばらくワシントンD.C.にとどまるようだ。不動産会社「マクファデン・グループ」のマーク・マクファデン氏が明かした情報によると、その家はワシントンD.C.の高級住宅地カロラマにある。ホワイトハウスからわずか2マイル(約3.2キロ)しか離れていない。内装もホワイトハウスのように美しい。


伝統的で風格のある内装は、ホワイトハウスのようだ(THE MCFADDEN GROUP)


キッチンは白で統一(THE MCFADDEN GROUP)


1920年代に立てられた歴史ある建物。れんが造りの暖炉もある(THE MCFADDEN GROUP)

築年数は88年(1928年建築)で、広さは約760㎡。ベッドルームが9つ、バスルームが8.5つある。キッチンカウンターは大理石製だ。庭も広々としていて、ホワイトハウスの恒例行事「イースターエッグロール(復活祭に庭で卵を転がすイベント)」もできそうだ。

ニューヨークタイムズによれば、この家はビル・クリントン元大統領の報道官を務めたジョー・ロックハートが所有している。

オバマ一家はシカゴに家屋を所有しているが、次女のサシャが2018年に高校を卒業するまで、一家はワシントンD.C.にとどまる見込みだという。


長期滞在するゲストのための部屋も(THE MCFADDEN GROUP)


広々とした庭(THE MCFADDEN GROUP)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼オバマ大統領、かわいい表情(画像集)▼

Close
オバマ大統領、かわいい表情
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら