Huffpost Japan

雨宮まみさん死去 『女子をこじらせて』などの著者【UPDATE】

投稿日: 更新:
印刷

mamiamamiya

ライター、エッセイストの雨宮まみさん(40)が15日朝、自宅で亡くなっていたことがわかった。

雨宮さんの著作を出版していた大和書房は「事故のため、心肺停止の状態で床に倒れているところを警察に発見された」と発表。「たくさんの人の心を救ってくれた雨宮さん、ご冥福をお祈り申し上げます」としている。

葬儀は親族のみで執り行われ、一般のお別れの会は予定されていないという。

雨宮さんはAV雑誌での執筆を経て、生きづらさを書いた自伝的エッセイ『女子をこじらせて』(ポット出版)で書籍デビュー。『東京を生きる』(大和書房)『女の子よ銃を取れ』(平凡社)『まじめに生きるって損ですか?』(ポット出版)などの著書があり、若い女性を中心に人気だった。

【UPDATE】亡くなった日付などについて追記・再編集しました。(2016/11/17 15:54)

関連記事
jyoshi
雨宮まみさんが格闘した、女としての半生とは?「こじらせ女子」生みの親が40歳の若さで死去

▼画像集が開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡