Huffpost Japan

福島の高校生、原発の廃炉現場を見学 18歳未満で事故後初

投稿日: 更新:
FUKUSHIMA
廃炉現場を見学する福島高校の生徒たち。後ろは水素爆発した1号機の原子炉建屋=18日、福島県大熊町の東京電力福島第一原発、川原千夏子撮影 | 朝日新聞社
印刷

福島の高校生、廃炉現場を見学 18歳未満で事故後初

廃炉作業が続く東京電力福島第一原発の現状を間近に見ようと、福島県立福島高校の生徒らが18日、18歳未満として初めて事故後の構内をバスで見学した。水素爆発などによる損傷が残る原子炉建屋や汚染水タンク群などを、約2時間かけて車窓から見つめた。

生徒たちは「スーパーサイエンスハイスクール部」などの13人。放射線や廃炉について自ら調べ、国内外に発信してきた。食い入るように廃炉現場を見た1年生の小桧山恵香(こびやまけいか)さんは「福島は怖いというイメージを変えるには、正しい知識を持たなければだめだと感じました。まずは同世代の高校生に『私たちも見てきたよ』と伝えたい」と語った。

生徒たちのモットーは「一次情報」にあたること。廃炉作業も、東電幹部の講義などを通じて理解を深めてきた。昨年には、県内を含む国内外の高校生220人に線量計を送り、外部被曝(ひばく)線量の比較結果を発表するなど、データを根拠にして福島を理解してもらう活動を続けてきた。

同行した顧問の原尚志(たかし)教諭は「生徒らは自分たちのふるさとの復興を進めるため、何かできないかと活動してきた。今日見たものがさらなる原動力になるはず」と話した。

東電は事故後、18歳未満の視察を対象外としてきたが、今回は例外的に受け入れた。生徒はいずれも見学を希望しており、保護者の同意も得ているという。(川原千夏子)

(朝日新聞デジタル 2016年11月18日 21時28分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)