Huffpost Japan

80歳女性が初の結婚「ずっと孤独だった。恋はいつでも出来る」

投稿日: 更新:
JACOBLUND OLD
じっと手を握り合う2人(イメージ画像) | jacoblund via Getty Images
印刷

「まだ結婚してないの?」「早く良い人を見つけなよ」。誰かに心ない言葉をかけられたら、こう言い返してやろう。「結婚をするのに早いも遅いもない」。

アメリカのフロリダ州マイアミで、80歳のマリア・コーバーさんと、95歳のカルロス・スアレスさんが結婚し、多くの人が祝福している。ハフポストUK版などが報じた。

2人は8カ月前に老人ホームで知り合った。男性のカルロスさんは結婚経験があるが、相手方のマリアさんにとって今回は初めての結婚だそうだ。カルロスさんは地元のメディアに対して「一目惚れでした。マリアさんを見たとき、心が喜びでいっぱいになりました」と語っている。2人の友人や家族をはじめ施設のスタッフも大喜びで、結婚式の準備を手伝ったという。

地元のマイアミ・ヘラルド紙は、恋するカルロスさんとマリアさんの幸せそうな写真をTwitterに投稿した。


ハフポストUK版によると、マリアさんは26歳のときにグアテマラからアメリカに移り住み、シングルマザーとして娘を育ててきた。育児に一生懸命だったため、デートをする暇がなかったそうだ。

マリアさんは「私は長い間、ずっと孤独だった。これは神様からの贈り物じゃないかしら」と語っている。彼女はこんなメッセージも述べた。

「とっても気分が良くて、なんだかソワソワするんです。恋はいつでもでき、遅いも早いもないですね」。