NEWS

北海道標津町にイクラ泥棒 サケ200匹の腹割かれる

2016年11月20日 23時58分 JST | 更新 2016年11月21日 01時07分 JST

北海道標津町にあるサケの人工孵化(ふか)施設で約200匹のサケの腹が割かれて、卵が盗まれる事件があった。テレ朝ニュースなどが報じた。

北海道新聞によると、11月20日朝、施設の職員が見回りに訪れた際に、大量のサケが死んでいるのを発見。施設の蓄養地にいた雌サケ1700匹のうち、約200匹が腹を割かれ、卵を抜き取られた状態で捨てられていたという。被害にあったイクラは合計で約96キロ分にも上る。

職員が不在だった11月19日夕方から11月20日朝ごろの間に何者かが施設に侵入し、卵を盗んだ可能性があるとして、警察では窃盗容疑で調べていると北海道新聞は伝えている。

日刊スポーツによると、被害にあった施設は「根室管内さけ・ます増殖事業協会」が運営しており、1匹あたりの被害は約2000円程度。今年はサケの収穫が少なく、「迷惑な話だ」と協会職員は憤っているという。


■関連画像集「すきやばし次郎」

すきやばし次郎 コース 写真集


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


24時間かける「究極のイクラ丼」~キラキラ光る変幻自在の宝石~