NEWS

ジミー・ペイジの演奏なかった来日イベント、主催者側が返金へ

2016年11月20日 20時34分 JST | 更新 2016年11月20日 20時44分 JST
Toru Hanai / Reuters
British rock musician and former guitarist for Led Zeppelin, Jimmy Page poses on the red carpet at the 2016 Classic Rock Roll of Honour awards in Tokyo, Japan, November 11, 2016. REUTERS/Toru Hanai

伝説的なギタリストのジミー・ペイジが来日イベントで演奏を披露しなかったことで物議を醸していた問題で、イベントに満足できなかった観客にはチケット代金が返金されることになった。主催したKLab Entertainment社が11月20日、公式サイトで明らかにした。2017年も東京で同イベントを開催することも合わせて発表され、今回の来場者には割引価格で優待する方針となった。

返金にあたってはチケットの半券が必要となるが、持っていない場合でも、チケットを買ったことを同社が「客観的・合理的に確認できる場合」には返金するという。


■CLASSIC ROCK AWARDS 2016とは?

日本で初開催された「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」では、この1年に活躍したロックアーティストを表彰するイベントと、ロック・レジェンドたちによる「夢の響演」によるセッションという2部の構成。最も高い席では30万円の高額チケットが販売されていた

イベントには、ジョニー・デップ、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、チープ・トリックら多数の出演者が参加。特に、ジミー・ペイジについてはポスターに大きく名前が書かれるなど、「目玉出演者」との位置付けで、演奏にも参加すると告知されていた。しかし実際には2分程度の登場で、演奏に参加することはなかったという。

ジミー・ペイジの演奏目当てで訪れたファンが「詐欺だ」と主催者側に抗議していたが、主催者のKLab Entertainmentが14日、謝罪はしたものの、「演奏が行われませんでしたがイベント自体は成立している」として返金しない考えを示していた。


■画像集(懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今)

懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(60's特集)


(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)


ジミー・ペイジ、来日イベントで演奏せず観客が抗議 「理由は問い合わせ中」と主催者