Huffpost Japan

争いは何も生まない。凍結した2頭のヘラジカは氷の下から訴える(画像)

投稿日: 更新:
印刷
spinner

アメリカ・アラスカ州のウナラクリートで11月2日、角を突き合わせて争ったまま氷の下で凍結している2頭のヘラジカが発見された。ワシントンポストなどが報じた。

科学教師のブラッド・ウェブスターさんがキャンプ用地の管理をするために歩いていたところ、厚さ20cmの氷の下からヘラジカの角が突き出ているのを見つけたのだ。ウェブスターさんは「他の動物では似たようなケースがあるとは聞いていましたが、こんなのを見るのは初めてでした」とワシントン・ポストに語っている。

alaska moose frozen

moose antlers

ナショナル・ジオグラフィックに対し、ヘラジカ研究者のビル・サミュエル博士は以下のようにコメントした。

「角が動物を逃げられなくすることはたまにあるが、今までに見たことがない姿だ。同じサイズの2頭のヘラジカが、どっちがボスかを決定するために角を突き合わせたのだろう」

争いは何も生まない。2頭のヘラジカは現代社会に生きる我々に、氷の下から訴えているのだろうか。

■関連画像集「変な生き物」

Close
世界の「変な生き物」30選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)