Huffpost Japan

ビール類の税額を統一へ 第3のビール・350ml缶なら28円→55円に増税か

投稿日: 更新:
BEER
スーパー店頭に並ぶビール類。税額が統一されそうだ | 朝日新聞社
印刷

ビール類の税額を統一へ 発泡酒や第3も 財務省案

 財務省は、ビール類にかかる酒税を2020年10月から3段階で変え、26年10月に統一する案をまとめた。年末に決める来年度の税制改正大綱に盛り込むため、与党や業界と調整する。消費者への周知や、メーカーの商品戦略見直しに配慮し、ゆっくり段階的に進めることにした。

 ビール類は、麦芽比率や原料の違いで税額が違う。現在は350ミリリットル缶ならビールが77円、発泡酒が47円、第3のビールが28円。最終的に55円ほどにそろえる方向だ。

 小売価格や税の安い第3のビールに人気が集まりすぎて税収が減るのを財務省は心配している。16年度大綱でも、ビール類の税額を段階的に統一する方針を明記していた。

(朝日新聞デジタル 2016年11月20日 20時31分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

【関連記事】ビール税、引き下げを検討 第3のビールなどは増税 「企業努力なのに」と批判も
beer tax