Huffpost Japan

「その違いこそ美しい」アルビノの人たちを撮り続けるフォトグラファー(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

妖精の世界のようだ。

イスラエル出身のアーティスト、ユリア・タイツの写真シリーズを見ると、思わずそんな感想が口から漏れる。

モデルはアルビノの人たちだ。彼らには「ナチュラルな美しさがある」とタイツは話す。


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)


(Yulia Taits)

アルビノの人たちは、体内のメラニン色素が極端に少ない。そのため、生まれた時から髪や肌が白く、目の色が薄い。約1万7000人に1人がアルビノだと言われている。

タイツは、「私はフォトショップを使って、空想の世界をつくり出すアーティストです。しかし、この写真シリーズは別です。このシリーズでは、全くフォトショップを使っていません。それでこの美しい写真が出来上がるのです。素晴らしい経験です」と、「ボアード・パンダ」で綴っている。

アルビノの人たちは明らかに見た目が違うが、その違いこそが彼らを美しくする、ともタイツは語っている。

「素晴らしい人たちに出会えたことで、この作品ができました。モデルや彼らの両親が熱心にサポートしてくれたんです。彼らの情熱や励ましが、この素晴らしい作品をつくってくれました」

ハフィントンポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。

【関連記事】

▼アルビノの動物たち(画像集)▼

Close
アルビノの動物たち(画像)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら

訂正箇所を連絡