Huffpost Japan

佐川急便、身代わり出頭で検挙逃れ横行? 運転手30人「経験ある」と説明

投稿日: 更新:
SAGAWA EXPRESS
Boxes travel along a conveyor belt for a demonstration during a media preview of the Sagawa Tokyo Logistics Center, operated by Sagawa Express Co., in Tokyo, Japan, on Thursday, Dec. 13, 2012. Sagawa Express provides a variety of delivery-related services ranging from home delivery to logistics consulting in Japan. Photographer: Noriyuki Aida/Bloomberg via Getty Images | Bloomberg via Getty Images
印刷

佐川、身代わり出頭横行か 運転手30人「経験ある」

 佐川急便東京営業所(東京都江東区)の運転手が駐車違反での検挙を免れるために身代わりとして知人らを出頭させたとされる事件で、営業所の運転手約30人が警視庁の任意聴取に対し、「身代わり出頭をしてもらった経験がある」と説明していたことが捜査関係者への取材でわかった。同庁は、身代わり出頭による検挙逃れが営業所内で横行していたとみている。

 警視庁が22日に犯人隠避教唆や犯人隠避の容疑で逮捕したのは、いずれも東京営業所係長の佐藤謙二(35)=江東区北砂7丁目=と高橋竜一(41)=千葉市中央区神明町=の両容疑者ら計6人。交通捜査課によると、6人の逮捕容疑は2014年11月18日と今年4月22日、同社の運転手が駐車違反をし、のちに警察署へ出頭する際に、元社員や委託先の社員らを身代わりとして出頭させ、検挙を免れたというもの。

 係長の佐藤、高橋両容疑者は、運転手の班編成や配送先、配送ルートを指示する中間管理職で、運転手から違反の報告を受けると「身代わりという手があるよ」などと、自ら提案していた。出頭した人には違反した運転手から2万~2万5千円の報酬が支払われていたという。

 警視庁は9月に東京営業所を家宅捜索。押収資料と同庁が保管する駐車違反の検挙記録を分析したところ、14年1月以降にあった営業所の運転手の駐車違反の7割は身代わり出頭だった疑いがあることが判明した。また、捜査関係者によると、約270人いる営業所の運転手に、14年以降、検挙を逃れるために身代わり出頭させたことがあるかどうか任意で聴いたところ、約30人が「ある」と説明したという。

 同営業所では、運転手が交通違反をすると配達業務を禁じられたり、昇進しづらくなったりすることがあったという。

(朝日新聞デジタル 2016年11月23日 05時01分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)