Huffpost Japan

J.K.ローリング、アレッポに住む7歳の少女に「ハリー・ポッター」を届ける

投稿日: 更新:
JK ROWLING
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 15: Author J.K Rowling attends the European premiere of 'Fantastic Beasts And Where To Find Them' at Odeon Leicester Square on November 15, 2016 in London, England. (Photo by Ray Tang/Anadolu Agency/Getty Images) | Anadolu Agency via Getty Images
印刷

「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリングは11月21日、ハリー・ポッターの映画を観たという7歳の少女バナからツイートを受け取った。メッセージを書いたのは、バナの母親ファティマだった。

「こんにちは、J.K.ローリング。ハリー・ポッターの映画を見ました。バナは本を読みたいと言っています - ファティマ」

「バナ、ぜひ本も読んで下さい。きっと好きだと思います。愛を込めて」

「すごく読みたいんですけど、ここにはないんです。映画は見たんですけれど。どうすれば本が手に入るんでしょう?」

実は、バナとファティマは内戦が続くシリアのアレッポで暮らしている。バナは9月にTwitterを始めたばかりだ。内戦に苦しむアレッポの日常を伝える彼女のTwitterを、すでに9万人以上がフォローしている。

バナがアレッポに住んでいると知ったローリングと彼女のスタッフはバナに本を届ける方法を考えた。

その2日後、バナはローリングにこんなツイートを送った。そこには嬉しそうに微笑むバナの姿があった。

「J.K.ローリング、お元気ですか? 本、ありがとうございます。あなたのことが大好き。アレッポより- バナ」

「バナ、私もあなたが大好きです! あなたのことを考えてます。どうか無事でいてください」

それにしても、アレッポにしかも2日でどうやって本を届けたのだろう?不思議に思った人が質問すると、ローリングはこう答えた。

ニッキー・サマー「J.K.ローリング、一体どうやって本を届けたの? アレッポへの道路は、全てがれきで封鎖されているのかと思っていたけれど」

J.K.ローリング「電子書籍で送ったんですよ」

バナは今、きょうだいと一緒にアレッポでハリー・ポッターを読んでいる。

「今何をしているでしょう? ハリー・ポッターを読んでいます - バナ」

▼ハリー・ポッターと賢者の石 8つのポイント(画像集)▼

Close
ハリー・ポッターと賢者の石 8つのポイント
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら。【お知らせ】
ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。
お申し込みは以下よりお願いします。

■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/