Huffpost Japan

【博多陥没】また道路が沈下 一時交通規制

投稿日: 更新:
印刷

博多駅前陥没の復旧地点周辺、道路沈下 交通規制は解除

 26日午前1時40分ごろ、福岡市博多区のJR博多駅前で、陥没事故の現場を埋め戻した復旧地点周辺の道路の路面が沈下している、と工事関係者から110番通報があった。福岡県警は午前1時45分から周辺を交通規制していたが、安全が確認されたとして、午前5時30分に解除した。

hakata
封鎖された博多駅前の道路を調べる作業員ら=26日午前3時17分、福岡市博多区博多駅前、長沢幹城撮影

 博多署や福岡市によると、8日に大規模な陥没事故が起きた市道「はかた駅前通り」の現場付近と、さらに博多駅寄りの部分を含む延長50メートル、幅15~20メートルの範囲内で、路面が最大7センチ沈下している計測結果が出た。けが人はおらず、ガス漏れや停電、断水などの情報は入っていないという。

 交通規制の間、現場周辺には約200メートルにわたって規制線が張られ、あちこちに警察官が立っていた。規制線の中では、消防署員や警察官、工事関係者とみられる作業服姿の男性らが路面の状況などを調べていた。

 路面を肉眼で見る限り、明らかな沈下は確認できなかったが、近くのビルで働く店員や、騒ぎを知って現場を訪れた人たちは、不安そうな表情を浮かべた。

 道路の沈下をツイッターで知ったという男子大学生(21)は「(現場の復旧工事が早く)すぐに通れるようになったのはいいけど、本当に大丈夫だったのか」と心配そうに話した。

(朝日新聞デジタル 2016年11月26日 06時16分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

【関連記事】博多陥没が1週間で復旧、海外が絶賛「イギリスは半年かかった」