Huffpost Japan

和田アキ子「とっとと日本を後にしたい」 紅白落選の心境語る

投稿日: 更新:
AKIKO WADA
「あの鐘を鳴らすのはあなた」を熱唱する和田アキ子(東京・渋谷区のNHKホール)  撮影日:2011年12月31日 | 時事通信社
印刷

歌手の和田アキ子が11月26日、自身のラジオ番組に生出演し、大晦日の「NHK紅白歌合戦」の出場を逃したことについて「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい」などと述べた。スポニチなどが報じた。

生番組のニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)の冒頭で、15分以上にわたり思いを語った。「今年はね(紅白を)特に見たくはない」「テレビはNHKだけスクランブルかけてほしい」と、自分不在の紅白をとにかく見たくないことを強調した。

この30年間、年末の過ごし方は同じだった。12月28日にヘアカットし、29日から紅白のリハーサルに参加。合間に雑煮を作り、お年玉を用意して31日の本番に出演。終了後に新年を迎えるとNHKホール内の神棚に手を合わせ、1月1日に海外に渡航。「このルーティンをどうやって変えるのか」と戸惑っている様子だった。
 
アッコ恨み節 30年続いた紅白ない年末「NHKだけスクランブルかけて」 ― スポニチ より 2016/11/27 05:30)

和田は、番組冒頭で芸能界からの落選を惜しむコメントが紹介されると「結果ですからね。私の正直な気持ちを言えば、言いたいことはいっぱいある。もう落ち着いているんです。こんなに人が優しいと感じる私に戻してくれたことに感謝したい」と話した

今回の結果を知って「毎日泣いた」と振り返り、「とっとと日本を後にしたい」とも述べ、番組の最後には「和田アキ子は永遠に不滅です」と力を込めた。

和田は1970年に紅白に初出場し、78年まで連続出場。86年に再度出場し、以降は30年連続出場した。トリは7回務め、紅組の司会を務めたこともあった。


▼画像集が開きます▼

Close
紅白2015出場者一覧(曲順)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/

関連記事紅白歌合戦、和田アキ子が落選「正直悔しい気持ち」 世代交代が続々進む

ゴールデンボンバーの樽美酒研二、紅白落選で「女々しくてバブル終了」を宣言