Huffpost Japan

ASKA容疑者を再び逮捕 覚醒剤使用の疑い 「盗撮、盗聴されている」自ら通報(UPDATE)

投稿日: 更新:
印刷

歌手のASKA(本名:宮崎重明)元被告が覚醒剤を使用した疑いが強まったとして、警視庁は11月28日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕する方針を固めたと、NHKニュースなどが報じた。共同通信は「警視庁組織犯罪対策5課がASKA容疑者の逮捕状を取った」と午後7時5分に報じた。FNNニュースは午後9時46分に、警視庁が「ASKA容疑者を逮捕した」と速報した。(2016/11/28 21:52 更新)

aska2016
車に乗り込み、自宅を出ようとする歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明)。報道陣に囲まれて出ることができず引き返した=11月28日夜、東京都目黒区

捜査関係者の話として産経ニュースなどが報じたところによると、11月25日夜、ASKA容疑者は「盗撮、盗聴されている」と、東京・目黒区の自宅からみずから110番通報した。言動に意味不明な点があることから、警視庁が検査した結果、ASKA容疑者の尿から覚醒剤の陽性反応が出たという。

ASKA容疑者は、覚醒剤などを使用したとして覚醒剤取締法違反の罪などに問われ、2014年9月、懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けていた。現在は執行猶予中。


■ASKA本人「何の、問題もありません」

各社の報道直後、ASKA容疑者は自らのブログを更新。「はいはい。みなさん。落ち着いて。」というタイトルのエントリーの中で「何の、問題もありません」と逮捕を否定した。

詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。被害の内容は、想像して下さい。そしたら、逆に疑われてしまいまして、尿検査をうけました。何の、問題もありません。ずべて、フライングのニュースです。これから、弁護士と話をいたします。

その上で、「陽性は、ありません」と覚醒剤の陽性反応についても否定した。


▼CHAGE & ASKA Music Clips▼

Close
CHAGE & ASKA Music Clips
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】表示されない場合は、こちらへ。