NEWS

防衛省・自衛隊の通信システムにサイバー攻撃、侵入か 国家関与の疑いも

2016年11月28日 16時40分 JST | 更新 2016年11月28日 16時40分 JST
Anadolu Agency via Getty Images
TOKYO, JAPAN - JANUARY 30 : Japan Defense Ministry building is seen in Tokyo, Japan, on January 30, 2016, as Japan armed is in on high alert after satellite images showed North Korea was preparing to test launch a long-range missile. Japan's defence minister Gen Nakatani has ordered to target and shoot down any North Koreas rmissile threaten Japan territory. (Photo by David Mareuil/Anadolu Agency/Getty Images)

防衛省・自衛隊の情報通信ネットワーク「防衛情報通信基盤(DII)」がサイバー攻撃を受け、インターネットと接続する一部の回線へ侵入された形跡があることが分かったと、11月28日、朝日新聞デジタルなどが報じた。秘密情報などを扱うシステムへの侵入や情報流出などの被害について陸自は否定しているという。

同省関係者によると、防衛省外のネットワークともつながっている防衛医科大(埼玉県)のパソコンがまず侵入を受け、そこを通じて今年9月ごろ、防衛省・自衛隊の回線へサイバー攻撃があった。陸上自衛隊の情報が狙われた疑いがあるが、陸自は「情報の流出はない」と説明している。

自衛隊の情報通信システムには、インターネットに接続可能な「オープン系」と、部隊の指揮通信など秘密の情報を取り扱うためインターネットなど外部の回線と遮断した「クローズ系」の2種類がある。今回は、「オープン系」への攻撃だったとみられる。
 
自衛隊通信システムにサイバー攻撃、侵入か 陸自標的?:朝日新聞デジタルより 2016/11/28 11:22)

防衛省は外部接続を制限するなどサイバー攻撃への対応を強化してきたが、今回はそれを上回る高度な手法から国家などが関与した組織的攻撃の疑いが強いという。

防衛省は今回の攻撃を確知した直後、サイバー攻撃への警戒レベルを引き上げた


▼画像集が開きます▼

ミサイル迎撃態勢をとる防衛省

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/
関連記事 米国が報復攻撃へ:「大統領選」挟み緊迫する米ロ「サイバー戦争」 | 新潮社フォーサイト
トランプビデオ、クリントン講演録、そして「サイバー攻撃はロシアの選挙妨害」 | 平 和博