Huffpost Japan

ボブ・ディラン、オバマ大統領主催のノーベル賞受賞者交流会をすっぽかす

投稿日: 更新:
印刷

photo

ボブ・ディランと彼のノーベル賞受賞にまつわる話は、果てしなく続く。

2016年のノーベル文学賞を受賞したシンガーソングライターのボブ・ディラン(75)が11月30日、ホワイトハウスで開催された、アメリカ人のノーベル賞受賞者を祝福するオバマ大統領主催の交流会をすっぽかした。

政治ニュースサイト「ザ・ヒル」によると、「残念ながら、ボブ・ディラン氏は本日ホワイトハウスには来られません。だからみなさん、リラックスしてくださいね」と、ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は報道陣に語った。アーネスト報道官は欠席の理由を伝えていない。

ノーベル賞を受賞して以来、ディランはかなり長い沈黙を続けてきた。最初、ディランは受賞に対する感謝の念を表さず、スウェーデン・アカデミー(ノーベル文学賞受賞者の選考機関)は、ディランが電話での連絡に応じなかったことを認めていた。ディランの公式サイトの経歴は更新され、ノーベル賞受賞に関する記述が加えられたが、その後記述は削除された。ついにその栄誉に対してコメントすることになった時、ディランは、授賞式には「行けたら行く」と、テレグラフ紙に語っていた。

「信じられない」と、ディランは受賞について語った。「信じられない、素晴らしい。こんなことを夢見る人なんているのか?」

12月10日のノーベル賞授賞式に、本当にディランが現れるのかどうか、さまざまな憶測が流れたが、ディランは「先約」があって出席できないと、スウェーデン・アカデミーが正式に発表した。

しかしそれでも、授賞式から6カ月以内に、ディランはノーベル賞受賞講演を行う必要がある。

ボブ、『くよくよするなよ』。やってみりゃいいんだ。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
ボブ・ディラン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)