Huffpost Japan

小川宏さん死去、90歳 「小川宏ショー」司会でギネス認定

投稿日: 更新:
HIROSHI OGAWA
小川宏さん  撮影日:2001年11月22日 | 時事通信社
印刷

フジテレビ系「小川宏ショー」などで知られた名司会者でフリーアナウンサーの小川宏(おがわ・ひろし)さんが11月29日、多臓器不全のため都内の病院で死去した。90歳だった。東京都出身。スポニチなどが報じた。

小川さんは早大卒業後、会社員生活を経て1949年にアナウンサーとしてNHKに入局。「ジェスチャー」などの司会として人気を得た後、65年に退局し、フジテレビと専属契約を結んで同年5月から朝のワイドショー「小川宏ショー」をスタートした。82年3月まで通算17年、4451回に渡って番組の顔を務め、「人名を冠した番組の最長寿記録」としてギネスブックから認定を受けた(その後、同局「笑っていいとも!」のタモリが記録更新)。

番組終了後にはうつ病を発症したが克服し、闘病体験を元に講演、執筆活動を行っていた。
 
小川宏さん死去、90歳 「小川宏ショー」司会でギネス記録 ― スポニチ より 2016/12/05 16:00)

日刊スポーツの報道によると、10月の半ばに肺炎となり、都内の病院に入院していた。葬儀・告別式は密葬ですませたという。

穏やかな雰囲気のにじみ出た司会ぶりが親しまれた。「小川宏ショー」終了後は「オールスター家族対抗歌合戦」などを担当。著作に『「定年うつ」私はこうして乗り越えた』などがある


▼画像集が開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/

関連記事永源遥さん急死 元プロレスラー、「悪役商会」やツバ攻撃で人気

テントさん急死 後輩のなだぎ武「孤高の天才芸人」と悼む