NEWS

ラッセン、どん兵衛とコラボでイラスト 「かき揚げを描き揚げる」

2016年12月07日 01時24分 JST | 更新 2016年12月07日 01時24分 JST

日清食品は12月7日、アメリカ人画家のクリスチャン・ラッセン氏(60)がカップうどん「かき揚げ天ぷらうどん」の「鬼かき揚げ」をテーマに描いたイラストをTwitterで公開した。「お互いのデビュー40周年を記念」したコラボという。

イルカやクジラをリアルに描いた作品で知られ、バブル期に一世風靡したラッセン氏。最近では、お笑い芸人の永野の大ブレークのきっかけとなった「ゴッホよりー、ピカソよりー、ラッセンが好きー!」のネタで再び注目を集めている。

このイラストは、日清が7日に発表した「かき揚げを描き揚げるキャンペーン」の一環。どん兵衛のかき揚げのイラストをTwitterで投稿して応募した人の中から、抽選で1人にラッセン氏の直筆習字「海豚 (イルカ) 」をプレゼントする。応募は2017年1月31日まで。


▼画像集が開きます▼

世界のうどん

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/
関連記事 松本人志、カップヌードルCM中止をチクリ「怒ってもない人に許してもらうのは不可能」
カップヌードル「謎肉祭」 販売休止前に食べて比べてみた【画像】