NEWS

柔道団体戦、東京オリンピックで男女混合案 なぜ?

2016年12月10日 15時26分 JST | 更新 2016年12月12日 16時14分 JST
Ueslei Marcelino / Reuters
2016 Rio Paralympics - Judo - Final - Women's 57 kg Bronze Medal Final A - Carioca Arena 3 - Rio de Janeiro, Brazil - 09/09/2016. Maria Monika Merenciano Herrero (front) of Spain competes with Junko Hirose of Japan. REUTERS/Ueslei Marcelino FOR EDITORIAL USE ONLY. NOT FOR SALE FOR MARKETING OR ADVERTISING CAMPAIGNS.

国際柔道連盟(IJF)は12月9日、2020年の東京オリンピックで、男女混合チームによる団体戦を行う案を発表した。団体戦は現在、世界選手権では男女別のものが行われているが、オリンピックでは団体戦そのものが実施されていない。IJFは男女各3人ずつの構成案を国際オリンピック委員会(IOC)に提案する予定だ。

新案の体重区分は男子が73キロ級、90キロ級、90キロ超級、女子が57キロ級、70キロ級、70キロ超級。男女混合の団体戦の実現を見据え、IFJは男子の試合時間を1分短縮し、男女ともに4分にする新ルールも発表した。

IOCは競技会場が大会後に「負の遺産」となる可能性もあることなどから、大会の肥大化を懸念オリンピック憲章で参加選手数の上限を1万500人と定めている。各競技でどのような種目を実施するかはIOC理事会を経て決まることになる。

団体戦は、個人戦に比べて盛り上がりやすいこともあり、IFJは2016年リオデジャネイロ五輪での実施を目指したが、IOCから見送られている。

オリンピック柔道は現在、個人戦が男女各7種目ずつ、合計14種目を実施。リオオリンピックの参加選手数は合計390人だった。男女別の団体戦を開催するより、男女混合の団体戦のほうが選手数が少ない。時事ドットコムによると、IFJの関係者は混合の団体戦を提案するとした理由について、「より多くの国・地域に機会を与えるため」と説明。個人戦の一部の階級しか選手を派遣できない国・地域に、門戸を広げる狙いがあるという。