Huffpost Japan

「喉をかっ切ってやる!」イスラム教徒の警察官を脅迫した男が逮捕される

投稿日: 更新:
印刷

アメリカでのヘイトクライム(憎悪犯罪)が後を絶たない。アメリカ連邦捜査局(FBI)の調査によると、2015年のアメリカ国内のヘイトクライムは14年から7%増加しており、とりわけ、イスラム教徒への犯罪は前年とくらべて67%増加している。同時多発テロ事件(911)があった01年以来の多さだという。

ドナルド・トランプ氏が大統領選で勝利した11月以降、アメリカ各地でヘイトクライムが相次いで報告されており、なかでも「ヒジャブ」(イスラム教徒の女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフ)を着用している女性への攻撃が目立っている。

ニューヨーク市警察署は12月4日、ヒジャブをつけていた非番のイスラム教徒の警察官に向かって、「喉をかっ切ってやる!」と脅迫した男を逮捕した。

CBSニューヨークによると、ブルックリン出身のクリストファー・ネルソン(36)容疑者は、ヘイトクライムと悪質な嫌がらせによる脅迫罪に問われている。

aml elsokary
アムル・エルソカリー巡査 / NYPD Muslim Officers Society

通行人の証言に基づく警察の報告によると、イスラム教徒のアムル・エルソカリー巡査は3日夕方、ブルックリンで16歳の息子と一緒に車に乗り、駐車場に車を停めた時、ネルソン被告が息子を小突きながら怒鳴り散らした。

その日は非番で、ヒジャブを付けていたエルソカリー巡査に対し、ネルソン被告は「IS、お前の喉をかっ切ってやる、国に帰れ!」と叫んだ。AP通信によると、エルソカリー巡査はネルソン被告に、自分が警察官だと言わなかった。

容疑者はその場から逃走したが、警察が監視カメラから容疑者を特定したという。

在米イスラム改善協会ニューヨーク支部はFacebookで今回のヘイトクライムを非難した。

公民権運動の啓蒙を行う団体「南部貧困法律センター」によると、ドナルド・トランプ氏が大統領選で勝利して以来、アフリカ系アメリカ人や移民、ユダヤ人、イスラム教徒、LGBT、女性などを標的にしたヘイトクライムの報告は900件近くに及ぶという。

エルソカリーさんは2014年、火事のアパートから1歳の女児を救出して表彰されている。ニューヨーク市警察署イスラム教徒組合は、エルソカリーさんへの脅迫について「自らの身を危険にさらしてでも赤ちゃんを助けようとする警察官が、あまりにも恐ろしい仕打ちを受けるなんて、非常に悲しい」と声明を発表した。


■ イスラム教徒のNYPDの警官グループ、トランプ氏との会談を要望

ニューヨーク市警のイスラム教徒警察官組合は、エルソカリーさんに対するヘイトクライムだけでなく、同様の犯罪が頻発している現状を協議するため、ドナルド・トランプ次期大統領との会談を要望している、とNBCニュースが報じた。

ブルックリン区長エリック・アダムズ氏は6日、警官たちに代わってトランプ次期大統領に書簡を送った。アダムス区長は書簡の中で、「困難な状況に陥った大統領選」の後、「イスラム教徒への高まる敵対意識」の結果、ニューヨーク市警察(NYPD)の調べで「不穏で危険なパターンのヘイトクライム」の発生率が、選挙当日以来115%に急増していると述べた。

アダムズ区長はまた、「ユダヤ人、LGBT、イスラム教徒のコミュニティに影響を与えている」と付け加えた。「間違いなく、大統領選期間中の発言が、こうした事件を多数誘発する要因となっている」

トランプ次期大統領からは、今も反応はない。

アダムズ区長はトランプ次期大統領に、ニューヨーク市に900人いるイスラム教徒の警官の代表者と会談することを依頼している。イスラム教徒の警官数は、ニューヨーク市がアメリカで最も多い。

「彼らはどのようにしたら、自分の身が守られるのか助言を受ける資格がある」と、アダムズ区長は言う。「イスラム教徒の警官たちの安全確保は、法を遵守している数百万人のイスラム系アメリカ人の安全確保に影響を与える。そして彼らの多くは、この歴史的岐路に立たされ、危惧している」

エルソカリー巡査はニューヨーク市のビル・デ・ブラシオ市長、アダムズ区長らとともに記者会見に臨み、襲撃について語った。「私の警察署と市は、私を守ってくれるために、ここにいることを理解しています」と、エルソカリー巡査は語った。また、ニューヨーク市民も「支持してくれる」だろうと気持ちを明かした。

「ドナルド・トランプ次期大統領は書簡に目を通し、エルソカリー巡査と、私たちの警察の他のイスラム教徒のメンバーが抱く懸念に、対応する必要があります」とアダムズ区長は語った。「彼らは街中で防犯の最前線を担うだけでなく、アメリカの多様性を象徴する存在なのです」

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、エルソカリーさんを擁護するツイートを投稿した。

アムル・エルソカリー警官――ニューヨーク市警にいる900人のイスラム教徒警官の1人――が、彼女の信仰心を理由に攻撃された。我々は彼女を支持する。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
ヒジャブをまとったかっこいい女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)