プーチン大統領、愛犬「ゆめ」にメロメロ【画像集】

投稿日: 更新:
PUTIN YUME
プーチン大統領と愛犬ゆめ=2016年12月13日 | Alexei Druzhinin via Getty Images
印刷

ロシアのプーチン大統領は12月13日にモスクワ・クレムリン(大統領府)で読売新聞、日本テレビと会見し、その際に愛犬「ゆめ」を連れて現れた。ロシア大統領府は、プーチン氏とゆめが戯れる写真を公開した。

愛犬は2012年に秋田県から贈られた雌の秋田犬で、4歳7カ月になる。ゆめは、14年2月にロシア南部ソチでプーチン氏と会談した安倍晋三首相を出迎えて以来、公の登場となる。芸を見せてご褒美をもらう様子からは、ゆめがプーチン氏に懐いているいることがうかがえる。

ゆめは現れた際、カメラのフラッシュが盛んにたかれたため興奮してなんども吠えた。会見した読売新聞によると、プーチン氏はゆめについて「こわがるのも無理はない。とても厳しい犬だから。人が大勢いて、たくさんのカメラがあって、照明がまぶしくて、カメラのシャッターがカシャカシャと音を立てている。彼女は私の警護を担当しているみたいだ」と語った。

日本政府は15日からのプーチン氏訪日に合わせ、ゆめのペアとなる秋田犬の贈呈を計画していたが、プーチン氏側が断ったという。

ゆめとプーチン氏を画像で紹介する。


▼画像集が開きます▼

Close
プーチン氏と愛犬ゆめ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。



ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/

関連記事北方領土交渉、対ロシア制裁が壁 プーチン大統領、訪日前に考え示す

「世界一恐ろしい男」 プーチン大統領の写真を撮るということ【動画】