NEWS

橋本奈々未にサプライズの手紙「私たちの絆は一生変わることはありません」【乃木坂46・紅白歌合戦】

2016年12月31日 22時04分 JST | 更新 2016年12月31日 23時33分 JST

oricon style

【紅白】乃木坂46橋本奈々未、ラスト紅白に万感 バナナマン「最高のはなむけ」

■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)

 

2年連続2回目の出場となった乃木坂46が、来年2月20日にグループ卒業とともに芸能界から引退する橋本奈々未(23)センターの「サヨナラの意味」を披露した。

 ラスト紅白となる橋本に向け、歌唱前には同期でキャプテンの桜井玲香(22)が手紙を読み上げ「これからは別々の交わることのない世界で生きていくけど、私たちの絆は一生変わることはありません」「ラストまで輝き続けてください」とメッセージ。

 橋本は目をうるませ「リハーサルでこんなのなかったのでびっくりしました」と驚きながらも「こんなにすてきな思いで作っていただいてありがとうございます」と感謝し、1・2期生34人に囲まれながら万感の思いを込めて歌唱した。

 歌い終えた橋本は「今までで一番緊張しました。ありがとうございました。楽しかったです!」と興奮気味に語り、一礼した。

 副音声でウラトークチャンネルを担当している乃木坂46の“公式お兄ちゃん”ことバナナマンは、ペンライトを振りながら応援。日村勇紀が「ラストかぁ…なんか悲しいなぁ」としんみりするも、設楽統は「最高のはなむけだね。『サヨナラの意味』をじっくりとかみしめましょう」と呼びかけ、歌唱後には口々に「橋本ありがとう!」「お疲れさまでした」とねぎらっていた。


【関連記事】


■関連スライドショー(紅白2016年 曲順)

紅白2016年 出場者(紅白出場回数順と曲順)


(※開かない場合は、こちらへ)