ピコ太郎、新曲の途中でニュースに。笑いをこらえた高瀬アナに称賛の声【紅白歌合戦】

投稿日: 更新:
PIKOTARO
10月28日に外国特派員協会で記者会見したピコ太郎 | Christopher Jue via Getty Images
印刷

大みそか恒例のNHK「第67回紅白歌合戦」のハーフタイムショーで初出場を果たしたピコ太郎が、代表曲の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を披露した。

嵐の二宮和也、白組司会の相葉雅紀、紅組司会の有村架純、渡辺直美と5人で熱唱。相葉が「時間がないんですよ。終わらないといけない」と止めているのにも関わらず、新曲「ポンポコリンポンペン」を始めた。

「アイ・ハブ・ア・ポンポコ」「アイ・ハブ・ア・リンポンペン」「ウー!ポンポコリンポンペン…」と歌ったところで唐突に、ニュースが始まった。高瀬耕造アナは神妙な面持ちで笑いをこらえた後、一呼吸置いて「ニュースをお伝えします」として、神奈川県横須賀市の立体駐車場の死亡事故について報じた。

ネット上では「高瀬アナすごくない?」「さすがNHKアナウンサー」と称賛の声であふれている。


■関連スライドショー(紅白2016年 曲順)

Close
紅白2016年 出場者(紅白出場回数順と曲順)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)