NEWS

デヴィッド・ボウイ、末期がんを知ったのは死の3カ月前だった

2017年01月09日 20時50分 JST | 更新 2017年01月09日 20時51分 JST

david bowie

2016年1月10日に死去したロックミュージシャン、デヴィッド・ボウイの一周忌を前にした2017年1月7日、新しいドキュメンタリーが、肝臓がんとの18カ月に及ぶ闘いの後に亡くなったシンガーの晩年を明らかにする。

フランシス・ホワットリー監督の「デヴィッド・ボウイ: 最後の5年間」は、1月7日にBBC2で放送され、2003年「リアリティ・ツアー」でのボウイと、また彼の最後のスタジオアルバム「★(ブラックスター)」の制作過程を追いかけている。

最後のシングル「ラザルス」のミュージックビデオ(MV)を監督したヨハン・レンクによると、ボウイは死のわずか3カ月前に自分が末期がんであることを知ったにもかかわらず、それでもMVの制作に取り組んだという。

BBCによると、レンクはドキュメンタリーの中で、彼は死と再生というテーマをフィーチャーした「ラザルス」のMV撮影が終了するまで、ボウイの診断結果のことは知らされなかったという。

「我々が撮影をしていた週に、彼が自分の人生の最後を悟っていたんだと、後で気付いたのです」と、レンクは語った。

音楽を通じて自分自身の運命を見つめているかのように描かれた「ラザルス」のMVは、目を包帯で覆われたボウイが病院のベッドにいるところから始まる。それでも、レンクはそのMVがボウイの病との関連性を否定している。ガーディアンによると、レンクが「ラザルス」の構想を練ったのは、ボウイの診断を知る1週間前だった。

「デヴィッドは、『ただシンプルに演じるMVにしたい』と言っていました」と、レンクは振り返った。「私は即座に、『曲名がラザルス(ラザロ)だから、ベッドにいるのがいるかもしれない』と言ったのです……私にとっては、それは聖書的な意味であって……彼が病気であったこととは何の関係もなかったのです」

「ヨハネによる福音書」第11章によると、キリストの友人ラザロは病のため死去したが、その4日後、布教先から帰ったキリストが墓の前で祈り呼びかけると奇跡的に蘇生した。

ボウイは彼の家族を守り、そして最後のアルバムの制作を続けるために、病気のことはほとんどの人には打ち明けなかった。ガーディアンによると、ボウイは「ラザルス」の続編を死のわずか数週間前に制作していたという。

「彼が病気のことを打ち明けなかったのは、おかしなことだとは思いません」と、フランシス・ホワットリー監督はガーディアンに語った。「彼は40年以上も自分の人生を語り続けてきて、言いたいことはすべて言った。これ以上は何もないと考えていたのです」

「デヴィッド・ボウイ: 最後の5年間」の予告編はこちら。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

デヴィッド・ボウイ スタイルの変遷

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

デヴィッド・ボウイは死の間際、人生の謎を解いていた。未公開写真は語る

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png