NEWS

講談社「モーニング」編集次長を妻殺害容疑で逮捕 「進撃の巨人」手がけた敏腕

2017年01月11日 02時32分 JST | 更新 2017年01月11日 02時32分 JST
morning.moae.jp

東京都文京区の住宅で2016年8月、住人の女性が死亡する事件があり、警視庁は17年1月10日、女性の夫で講談社の青年コミック誌「モーニング」の編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)を殺人容疑で逮捕した。時事ドットコムなどが報じた。朴容疑者は「週刊少年マガジン」の副編集長なども経験、人気漫画「進撃の巨人」にも関わり、「カリスマ編集者」だったとも伝えられている。

捜査関係者によると、朴容疑者は16年8月9日未明ごろ、文京区千駄木の自宅で、妻の首を圧迫して窒息死させた疑いが持たれている。

朴容疑者が同日午前2時45分ごろ、「妻が倒れている」と119番した。警察官が駆け付けたところ、階段の下付近に女性が倒れていた。頭に擦り傷があったが、ほかに目立った外傷はなかった。朴容疑者は「妻は自殺したと思う」と説明。しかし、動機が判然とせず、遺体の状況など矛盾する点も多かったため、同課は事件の可能性があるとみて捜査していた。
 
講談社編集次長を逮捕=自宅で妻を殺害容疑-警視庁:時事ドットコムより 2017/01/10 13:39)

一家は夫婦と4人の子どもの6人家族で、当時は全員が自宅にいたという。

朴容疑者は1999年に講談社入社後、2009年に別冊少年マガジンの創刊に携わり、「進撃の巨人」、「聲の形」、「七つの大罪」など人気漫画の連載に関わった。16年6月からモーニング編集部に異動していた

講談社広報室は「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」とのコメントを発表した