バレエは人種を超えて、全ての人のものになる。そう予感させる写真が話題に

投稿日: 更新:
印刷

2017年、バレエ界の伝統が更に大きく変わるかもしれない。そう感じさせる写真が話題になっている。

アメリカ・テネシー州メンフィスに拠点を置くバレエ団「カレッジ・ダンス・コレクティブ」が1月2日にInstagramに投稿した5人のバレエダンサーの写真だ。



写真は左から、ブランディ・リー、ダフネ・リー、キンバリー・ホサイ、ニッキー・テイラー、ルイサ・カルドーソ。アフリカ系アメリカ人、フランス系ギアナ人、そしてブラジルの血を引くダンサーたちだ。雑誌「Taji Magazine」がシェアすると、写真はあっという間に広まった。

バレエはヨーロッパの伝統芸術で、これまでほとんどのダンサーが白人だった。そして白人以外のダンサーたちは、仕事を得るため、花形の役を手にするために、白人ダンサーの倍以上の努力をしなければいけなかった。

バレエ界に残る時代遅れの伝統のために、黒人ら有色人種のバレエダンサーたちは、長い間主役の座に立つことができなかった。そしてそれは、バレエの質を低下させてきたといえる。

しかし、アフリカ系アメリカ人のダンサー、ミスティ・コープランドが世界最高峰のバレエ団のプリンシパル(首席ダンサー)になるなど、近年変化の兆しが現れ始めている。

「バレエダンサーといえば白人」という考えが将来はなくなるかもしれない。肌の色や性別、社会的、経済的なバックグラウンドではなく、才能や技術によって評価される時代が近づきつつある、と写真は予感させてくれる。

夢を信じて進む人たちに、未来は開ける。ー エレノア・ルーズベルト。

カレッジ・ダンス・コレクティブのマーケティングディレクター、シャリシャ・フランクリンは、踊り手たちがもっと多様になるべき理由をYahoo!ビューティーのインタビューで、こう語っている。

「私は、メディアの中だけでなく、世界中のプロバレエ団やバレエスクールに黒人ダンサーが圧倒的に少ない、という現状を危惧しています」

「この現実を見て、私たちはアクションし続けなければいけないと強く感じています。振り付けや、世界的に有名なダンサーをもっと多様にして、バレエを成長させなければいけません」

カレッジ・ダンス・コレクティブの写真に2万以上のいいね!がついていることは、変化が加速している証拠かもしれない。

バレエに携わる人たちが、何よりそれを実感しているようだ。ニューヨークの有名なバレエ団「ダンス・シアター・オブ・ハーレム」設立者の一人で、アートディレクターのバージニア・ジョンソンはマッシャブルのインタビューで、3年から5年後には、バレエを語る時に人種が大きく取りあげられなくなるだろう、と予想している。

2017年、バレエの世界にどんな変化が起こるのか楽しみだ。











ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳・加筆しました。

▼世界で活躍するバレエダンサー(画像集)▼

Close
世界で活躍するバレエダンサー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら