Huffpost Japan

エコキャップ推進協会、金融機関からの借入金を対外寄付「実績として見せるため」

投稿日: 更新:
印刷

eco

借入金を流用し寄付「実績のため」 エコキャップ推進協

 ペットボトルキャップのリサイクル運動をしているNPO法人「エコキャップ推進協会」(エコ推、横浜市)が2015年8月、政府系金融機関から設備投資などを名目に1千万円を借り入れ、そのうち500万円を流用して対外寄付をしていたことが分かった。元理事の一人は「寄付の実績として見せる必要があった」と話している。

 エコ推の矢部信司理事長は朝日新聞の取材に、借入金で寄付したことを認めた上で「未収金を寄付に充てる予定だったが、回収が遅れた。理事会の承認を得ており、金融機関を意図的にだましたわけではない」と説明した。

 関係者によると、矢部理事長は15年8月、日本政策金融公庫横浜支店から無担保で1千万円を借り入れた。契約書上の名目は870万円が設備資金、130万円が運転資金で、返済期間は5年だった。当時、協会の資金はほぼ払底しており、寄付の500万円は公庫からの借入金で捻出したという。

(朝日新聞デジタル 2017年01月12日 03時02分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

▼画像集が開きます▼

Close
「大量廃棄生活」の凄さがわかる画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡