Huffpost Japan

NHK職員、受信料の収納業務で数十万円を着服か 内部調査直後に自殺

投稿日: 更新:
NHK
公共放送としてテレビ局やラジオ局などを運営する日本放送協会(NHK)のロゴマーク看板=2016年10月3日、千葉市の幕張メッセ | 時事通信社
印刷

NHK職員、数十万円を着服か 内部調査開始直後に自殺

 NHKは10日、横浜放送局の営業部に勤務していた40代の男性職員が、部の運営費数十万円を着服していた疑いがあると発表した。昨年10月に内部調査を開始した直後、男性職員は自殺したという。

 NHKによると男性職員は、受信料の契約や集金業務を担う委託先企業などを統括し、受信料の収納業務などを担当する営業部に所属。2015~16年、複数回にわたって、受信料の過払い分を視聴者に払い戻すよう装った架空の伝票を作り、部の運営費から現金を引き出して着服した疑いがある。不審に思った同僚の指摘で発覚したという。

 NHKは「誠に遺憾であり、再発防止に努めます。調査を継続しており、被害額を確定させた上で、弁済を求めていきます」とのコメントを出した。

(朝日新聞デジタル 2017年01月10日 21時43分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)


■関連画像集「NHK大河ドラマ 主な出演者たち」

Close
NHK大河ドラマ 主な出演者たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。