NEWS

トランプ氏、記者会見の締めくくりは、あのお馴染みのセリフだった

2017年01月12日 19時56分 JST | 更新 2017年01月12日 19時56分 JST
Lucas Jackson / Reuters
U.S. President-elect Donald Trump walks past a pile of papers during a news conference in the lobby of Trump Tower in Manhattan, New York City, U.S., January 11, 2017. REUTERS/Lucas Jackson

アメリカのトランプ次期大統領は1月11日、ニューヨークのトランプタワーで大統領選後初めての記者会見に臨み、大統領選でロシアのサイバー攻撃があったことを認めたほか、「最も多くの雇用を生み出す大統領になる」と強調する一方で、「利益相反」の指摘については自身のビジネスからすべて手を引くことで解消されると語った。

また、会見前日にCNNBuzzFeedが報じた、性的なスキャンダルを抱えているという「不名誉な情報」についてトランプ氏は「すべて偽ニュースだ。インチキだ」と強く否定した。

トランプ氏は会見を終えるにあたり、「お前はクビだ」の一言で締めくくった。これはある意味驚きでもあるし、そうでもない。

このセリフは、人気テレビ番組「セレブリティ・アプレンティス」の司会者をしていた時の彼の決めゼリフだ。会見でトランプ氏が大統領任期中に上の2人の息子に事業経営を託す計画について語っていた時にこのセリフが飛び出した。

「8年後に戻ってきて、『ああ、よくやった』と言いたい。もし失敗させたら、こう言う。『お前はクビだ』」

ちょうどその時、次期大統領は、指を銃の形にしていた。

こうして、6カ月ぶりに行われた波乱の記者会見が終わった。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

トランプ次期大統領、大統領選後初の会見

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

トランプ氏、大統領職はビジネスの「利益相反」に該当しないと主張
トランプ次期大統領初の記者会見で何を語った?ロシアのサイバー攻撃を認める

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png