NEWS

国旗の玄関マット騒動、インド人の怒り収まらず Amazonアプリのアンインストール相次ぐ

2017年01月14日 02時41分 JST
Abhishek Chinnappa / Reuters
Security guards stand at the reception desk of the Amazon India office in Bengaluru, India, August 14, 2015. E-commerce giant Amazon.com is taking lessons learnt from its daily battles with India's choked roads and cramped cities to some of its largest developed markets, exporting a model of cheaper deliveries and reduced warehousing costs. Picture taken August 14, 2015. To match AMAZON.COM-INDIA/LOGISTICS REUTERS/Abhishek N. Chinnappa

カナダのAmazonでインドなどの国旗をあしらった玄関用マットが売り出されたことがネット上で話題になり、インドのスシュマ・スワラジ外相がTwitterで激怒し、Amazonはサイトから商品を削除し、外相に謝罪した。

しかし、問題はまだ解決していない。

スワラジ外相の抗議を受けてAmazonはインド国民が不快感を催す玄関マットの販売を停止したにもかかわらず、インドのネットユーザーたちはGoogle Playストア上でAmazonアプリに低評価をつけ始めた。アプリに否定的なコメントを投稿する人もいる。

1月11日にスワラジ外相はTwitter上で、インド国旗の玄関マットがカナダのAmazonのサイトから削除されないかぎり、Amazon従業員のビザ発給をすべて停止すると警告した。この商品を最初に取り扱ったのはカナダのAmazonだ。

インド国旗の色をした玄関マットをAmazonから削除しろ

全インド国民に謝罪して、インド国旗の色をした玄関マットを削除するように。

もうAmazonからは何も買わない

私たちの国旗にした行為に抗議するためアプリはアンインストールした。もう二度とAmazonから買うことはない。

ユーザーの中には、この件のためにアプリのアンインストールで脅す人までいた。

よくも

よくも玄関マットに私たちの敬愛するインド国旗をあしらって売るような真似ができたものだ。

業者とAmazonはともに他国の国旗を尊重すべきだ。もうAmazonで買い物はしない。このアプリもアンインストールする。

Amazonをボイコットしよう

私たちの国を侮辱するなんて一体何様のつもりだ。

さらに多くのユーザーがアプリの評価を落とし、Amazonへの怒りを示すコメントを投稿しているが、インド人ユーザーがこうした行動をとったのはこれが初めてではない。

2015年にはインドのECコマースサイト大手「スナップディール」のブランドアンバサダーをしていた映画俳優アーミル・カーンが、「インドはますます不寛容になりつつある」と発言したとき、「スナップディール」のアプリをアンインストールする動きが相次ぎ、星1の評価をつけたユーザーもいた。

インドのテレビ局「タイムズ・ナウ」のアプリも同じ運命を辿った。当時タイムズ社にいたジャーナリストのアルナブ・ゴスワミ氏が、イスラム教の説教師ザキル・ナイク氏を否定的に報じたためだ。

ハフィントンポスト・インド版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

インドの世界文化遺産

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

インド国旗を足で踏め? カナダのAmazonが玄関マット発売 外相激怒で謝罪

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png