NEWS

クレア・ホリングワースさん死去、第2次大戦勃発をスクープ テレグラフ紙が追悼の再掲載

2017年01月13日 17時34分 JST | 更新 2017年01月13日 21時07分 JST

第2次世界大戦勃発の「世紀のスクープ」を報じたイギリスの記者クレア・ホリングワースさんが1月10日、香港で死去した。105歳だった。

イギリスの新聞デイリー・テレグラフはホリングワースさんの死を悼み、「世紀のスクープ」を再掲載した。

彼女の記事は、「ポーランド国境に戦車1000台集結。電撃作戦のため10師団が待機」というナチスのポーランド侵攻を伝える見出しで始まる。彼女は1939年にポーランドから外交官の車を借りてドイツ領に入った時、ポーランド国境にドイツ軍が集結しており、戦車、大砲、そして装甲車を目にした。

その当時、27歳の若い戦場記者だったホリングワースさんは、侵攻の3日前にこのニュースを伝えた。当時の新聞の慣例にならい、この記事には彼女の署名はなかった。

クレア・ホリングワースさんが、第2次世界大戦の勃発を報じたスクープ記事。テレグラフの新人記者によるものだと書かれている。

外国人記者クラブ(FCC)香港支部は次のように伝えた。

FCCは、心から愛されたメンバー、クレア・ホリングワースさんが105歳で亡くなったという悲しい報告をしなければなりません。

クレアさんは海外特派員として第2次世界大戦勃発を知らせた世紀のスクープをはじめとして、すばらしい経歴の持ち主でした。

FCCの会長タラ・ジョセフ氏は次のように述べた。

クレアさんが亡くなったと聞いて深い悲しみに暮れています。彼女は私たちに多くの感銘を与えてくれた、クラブの宝でした。彼女の105回目の誕生日を去年お祝いすることができてとてもうれしく思っています。

クレア・ホリングワースさん。1985年撮影

テレグラフの編集者クリス・エバンス氏は次のように語った。

クレア・ホリングワースさんは、すばらしい記者であり、すべての記者、特に次世代の女性海外特派員に影響を与えました。

彼女は、テレグラフで働く私たちにいつまでも尊敬され続けるでしょう。友人やご家族にお悔やみを申し上げます。

葬儀の詳細や、クラブの通夜は後日発表されるという。

ホリングワースさんは、イギリスのレスターに生まれ、北京で1970年代に働いたのち、亡くなるまでの40年間は香港で生活していた。

彼女は、記者生活の大半を、世界中の紛争を報道するイギリスの新聞記者として過ごした。1939年に新人記者としてポーランドに派遣された時に、大スクープを報道した。

ナチスドイツが9月に侵攻を開始したとき、彼女は、新聞社とイギリス外交官に砲声が聞こえるように、電話を窓から外に出して知らせた。

2016年10月に香港外国人記者クラブで行われた、彼女の誕生日パーティーで、友人たちに囲まれたクレア・ホリングワースさん。

ハフィントンポストUK版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

写真で振り返る第二次世界大戦

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

ナット・ヘントフ氏死去 反骨を貫いたジャズ評論家、ジャーナリスト、小説家

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png