NEWS

オバマケア撤廃へ、アメリカ下院が予算案を可決 9兆ドルの新たな負債をあっさり承認

2017年01月14日 20時19分 JST | 更新 2017年01月14日 21時27分 JST

アメリカ下院は1月13日、医療保険制度(オバマケア)の撤廃手続きを容易にする予算決議案を賛成227、反対198の賛成多数で可決した。

オバマケア は 医療保険制度改革法「アフォーダブル・ケア・アクト(ACA)」という、アメリカの医療保険制度を改革する法律のニックネームだ。この法律には賛否両論があったが、2010年3月に議会を通過しオバマ大統領が署名した。

この法律の目的は、より多くのアメリカ国民に医療保険に加入してもらうこと。現在、4800万人のアメリカ国民が医療保険にひとつも入っていない(訳注・アメリカは日本と違って国民皆保険ではない)。この法律では、保険に加入していない人でも職場を通じて自分の保険を買うことができる。

オバマケアによって、保険会社は持病を抱えている人の保険加入を断ることはできないし、医療費が巨額になったからといって加入している保険のプランから追い出されることもないし、保険金の支払に上限を設けることもできない。また、医療費の自己負担分も年間で一人当たり6350ドル(約62万円) 、家族当たり1万2700ドル(約125万円)を超えてはならないとされている。大きな病気や事故でこの上限を超えた費用がかかる場合、その分は全額、医療保険が負担することになる。

オバマケアは 「エッセンシャル・ヘルス・ベネフィット」(基本的医療給付) も規定しており、あらゆる医療保険プランに保険適用が義務付けられている。これには薬の処方や妊産婦医療も含まれる。この規定によると、人間ドックや避妊も追加料金なしで利用できるようになる。

共和党は一貫して国民皆保険につながるオバマケアを「社会主義的」として批判してきた。「小さな政府」を志向する共和党からすると、社会保障費の増大で財政支出に負担を強いるオバマケアは容認できない政策だ。

オバマケア撤廃を公約に掲げたドナルド・トランプ氏の勝利で、共和党はオバマケア撤廃へと一気に舵を切った。民主党の同意を一切得ないまま、下院はオバマケア撤廃後に実施する予算案を通過させた。

この1週間、保守派と共和党穏健派は予算案に反対する可能性を表明してきたが、ほとんどの共和党員は賛成にまわった。予算案では、今後10年間で9兆ドルを超えるアメリカの債務増加を「適切」としているが、189人の民主党議員に同調して反対した共和党議員は9人にとどまった。共和党は、債務はここまで高額にはならず、彼らが考える数値に近い別の予算案を作成すると言っている。

保守派も穏健派も同様に、下院の首脳に最終的に撤廃がどのようなものになるのか、より具体的な改正案を強く求めている。制定されるまでどれくらいかかるのか、オバマケアはどの程度廃止されるのか、その後どれくらい早く代替制度に引き継がれるのか。しかし、こうした疑問に答えがなくても、共和党議員たちは、予算案に反対すれば自分の選挙区の有権者に矛盾したメッセージを送りかねない事態を恐れていた。議会のほとんどの共和党議員は、何年にもわたってオバマケアに反対する精力的にキャンペーンを行ってきており、トランプ次期大統領が今回の法案を支持しているのは謎でも何でもない。

下院が調停に同意した以上、下院のエネルギーおよび商業対策委員会と歳入委員会、そして上院の財政委員会と保健委員会はオバマケアを撤廃する法案を提出するだろう。これらの法案は両院の予算委員会に送られ、そして両院はそれぞれ同じ法案を通すか、もしくは2つのバージョンの違いを見つけ出すために両院協議会に進むことになる。結果として提出される法案は、下院と上院の多数決で可決され、大統領の署名に進むだろう。

調停の目的は、可決に必要な過半数が51票となる上院で民主党のフィリバスター(議会上院で、演説を長時間続けて議事進行を妨げる行為)を覆すことだ。上院の規則で、60票を獲得すれば審議時間に制限をかけることができ、フィリバスターを防げる。理論上それはACAを撤廃するために共和党が練った計画の中でも容易な部分だ。

ほとんどの共和党議員は、全員ではないが、オバマケアを何らかの制度で代替する必要があるという点は認めている。共和党議員がかなり長い期間、撤廃の施行日を遅らせようとしているのはそれが理由だ。

民主党がACAの撤廃で当面の間起こる影響に焦点を当てている一方で、共和党は代替案で影響を緩和し、適用範囲の改正さえできると主張している。しかし、それは病気の患者や貧困層を保護できるものではなさそうだ。トランプ氏はオバマケアを「はるかに安価ではるかに良い」もので代替すると、何も具体的に示さずに約束している。

共和党が支持する政策はACAを再現できないだろう。なぜなら、共和党は保険を手頃な価格で購入するのに十分な財政支出をすることは望んではいないからだ。また、ACAと同じレベルの消費者保護サービスを提供したいとも望んでいない。特に、契約前に持病を抱えている人の保険加入は認めていない。

こうした政策の不備があるため、上院で共和党が提出する代替案で60票を獲得するのは困難だ。また、もし民主党が共和党の代替案に一致団結して反対し続けた場合、議会交渉が決裂するのは誰でも推測できる。共和党は、オバマケアがなくなれば、民主党は代替案の成立以外に選択肢がなくなると賭けている。民主党は共和党がオバマケアを無期限延長することに賭けている。さもなければ、補償範囲、費用負担、それに医療制度全体の変化に伴う政治的リスクを冒すことになるからだ。

法制定を遅らせる問題点は、共和党がこの法律を撤廃すると同時に、保険会社が翌年プランを提供するインセンティブがほぼなくなることだ。特に保険の交換で損をする場合はなおさらだ。

その結果、プランの価格高騰とオプションの限定化が起こり、オバマケアの加入者ベースは本当に健康保険が必要な人たちに限られてしまうだろう。これが、民主、共和両党の政治家たちそれぞれがいう「死のスパイラル」だ。

迅速に、そしてすぐ法制化した時に起きる問題は、ヘルスケアの現在の加入者はその保険に頼っていること、そして将来オバマケアを交換するプロセスが秋のオープンエンロールメン卜(保険加入申請)時期よりもはるか前に始まることだ。わずかな遅延も死のスパイラルをさらに悪化させるおそれがある。保険会社が次の年度をパスして新しいヘルスケアシステムの開始を待つからだ。

ここ数週間、共和党出身のポール・ライアン下院議長はオバマケア加入者に対して、共和党が「急に話を覆すことは望んでいない」と言い始めた。これが、下院の共和党議員が「議会首脳は撤廃を3年間遅らせる方向に傾いている」という理由だ。

paul ryan

ポール・ライアン議長

これだと、2年以上の延期を認めたくない保守派と対立することになる。

しかし、こうした問題は、オバマケアの代替案を作る共和党が直面する厳しさとは比べものにならない。これは彼らがこれから抱える問題のほんの始まりにすぎない。上院では60票を確保する必要があり、下院では、共和党が最終的に妥協した場合の動揺は避けられない。

トランプ氏がオバマケア撤廃後数日以内に代替案を提出すると主張した理由のひとつがこれだ。それは、代替案を急ピッチで作成する困難はあるが、ライアン議長が繰り返し支持しているスケジュールでもあるからだ。

予算案審議でライアン議長は、「今後数週間で共和党はオバマケア撤廃のためいくつかのステップを踏む」と述べ、短期間で対処することをを改めて表明した。

「この実験は失敗だった」と、ライアン議長は語った。「この法律は、こうやって私たちが審議している間も崩壊し続けている」

ライアン議長は、保険料が上がる可能性についていくつかデータを紹介し、「共和党はオバマケアに関わる人々を救済する使命がある」と述べた。

ライアン議長が演説を終えるとすぐに、下院民主党院内総務のナンシー・ペロシ氏が、共和党はオバマケア廃止で実質的に最富裕層への減税をしようとしていると非難した。

nancy pelosi

ナンシー・ペロシ院内総務

「あなた方が考える意義を教えてください」と、ペロシ院内総務は語った。「あなた方が考える予算を教えてください」

ペロシ院内総務が演説する前に、民主党のディベートマネージャーで予算委員会のトップであるジョン・ヤーマス氏は、議会の共和党議員に向け、オバマケア撤廃で共和党が優勢な州に与える影響について、保健福祉省と民間団体「コモンウェルス・ファンド」のデータを紹介した。

john yarmuth

ジョン・ヤーマス氏

「ACA撤廃に賛成票を投じれば、たとえばライアン議長の選挙区があるウィスコンシン州では21万1000人が医療保険を失い、4万6000人の労働者が仕事を失い、ウィスコンシンの州内総生産は257億ドル減少し、経済的損失を受ける。演説者にはこのことを覚えておいてもらいたい」と、ヤーマス氏は述べた。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

オバマケアをめぐる議会の攻防

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

「オバマケア」ってそもそも何? 今さら聞けないアメリカの医療保険制度改革14のQ&A

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png