Huffpost Japan

文部科学省で天下りあっせんか 前局長が早大教授に再就職で

投稿日: 更新:
WASEDA
早稲田大学の大隈記念講堂 | 時事通信社
印刷

前局長の早大再就職、天下りあっせんか 文科省幹部聴取

 文部科学省前高等教育局長の大学への再就職が、出身府省の職員による「天下り」のあっせんを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあるとして、内閣府の再就職等監視委員会が同省幹部から事情を聴いていることがわかった。監視委は文科省に対し、あっせんに関与したとみられる同省幹部らの処分を勧告することも検討している。

 関係者によると、文科省の前局長は2015年8月に退職し、その後、早稲田大教授に就いた。監視委がこの経緯を調べたところ、前局長の再就職に同省の人事課が関わっていた疑いがあり、事務次官経験者を含む複数の幹部らから事情を聴いているという。

 国家公務員法は公務員の再就職について、出身府省の職員によるあっせんや、利害関係のある企業への求職などを禁じている。監視委は調査で違法行為がわかれば各府省に是正を勧告するが、今回、文科省に勧告がなされれば初めてとなる。

(朝日新聞デジタル 2017年01月18日 12時04分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)