SNSに投稿した「スタイル抜群の体」現実の姿はこれ(画像)

投稿日: 更新:
印刷

Instagramに投稿されている細くて引き締まった体と、自分の体を比べてガッカリした、という経験があるだろうか?

だけど、その写真は現実を100%映し出しているわけではないかもしれない。

人気フィットネスブロガーで、ウェブサイト「健康な体になるためのガイド」を運営しているアンナ・ヴィクトリアさんが、こんな2枚の写真を投稿した



左の写真は、鏡に映る姿を撮影するヴィクトリアさん。細くて引き締まった体がうつっている。2枚目は同じビキニを着た自分を、別のアングルから撮った写真。こちらにはお腹のたるみがうつっている。

写真のキャプションには「1% vs. 99%の時の私。どちらの写真も、同じくらい気に入っています。いいアングルで撮った写真と、そうではないアングルで撮った写真。どちらの自分にも同じ価値があるから」と書かれている。

ヴィクトリアさんと同じフィットネスブロガーのサラ・パートさんも、自らの写真を投稿して、Instagramの写真はアングルとライト次第で実際よりよく見せることができる、と伝えている



彼らがInstagramで訴える「ここに投稿されている完璧に見える写真は、必ずしも現実を映し出しているわけじゃないよ」というメッセージは、自分の体型に悩む人たちを救うことになるかもしれない。

アメリカの摂食障害協会「National Eating Association(NEDA)」は、ソーシャルメディアでシェアされている「完璧な体」は拒食症などの摂食障害を引き起こしかねない、と警告している

また、ネット上で細くて引き締まった体がいいとされる傾向は、無理なダイエットにつながると指摘する専門家もいる。NEDAによれば、アメリカでは2000万人の女性と1000万人の男性が一生に一度は摂食障害を経験している

ヴィクトリアは130万人のフォロワーに、「欠点」と言われる体の一部をネガティブにとらえないで、と伝えている。

「年齢を重ねるにつれ、セルライトや肉割れが消えなくなりました。でも私は、セルライトもストレッチマークだって歓迎です。それは『欠点』じゃなくて、体に自然と現れる、当たり前のものです。嫌いになるようなものじゃないんです。私の体は健康です。何キロも走れるし、リフティングもスクワットも、ウェイトトレーニングもできます。外見がいいから幸せになれる、というわけではなく、健康な体だから幸せになれるんだと思います」

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼女性たち、太ももを語る(画像集)▼

Close
女性たち、太ももを語る
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら