NEWS

19棟の団地を10秒で解体 中国・武漢市の壮観な爆破現場(動画)

2017年01月23日 20時25分 JST

19棟の団地のアパートが、たった10秒で瓦礫と化した。

中国・武漢市にある総面積15万平方メートルの団地が1月21日夜、解体された。5トンの爆薬を12万カ所に仕掛けておこなったという。

インデペンデント紙によると、解体作業の責任者贾永胜(Jia Yongsheng)氏は、中国の国営放送局CCTVに「このような繁華街で大規模爆破による取り壊しをする際には、無事に終わらせるだけでなく、爆破による悪影響も抑えないといけません」と語った。

「爆破は成功しました。周辺の軽便鉄道や公共施設に爆破の影響はありませんでした」

wuhan

wuhan

wuhan

wuhan

「爆破による被害や悪影響は全くありませんでした。周辺の建物に被害を与えないよう、正確なタイミングで爆破しなければなりませんでした」と、贾永胜氏は語った。

解体現場には、オフィスと707フィート(約215メートル)の超高層ビルが建設される予定だ。

ハフィントンポストUK版より翻訳・加筆しました。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png


▼画像集「中国のビル爆破」が開きます

中国のビル爆破

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

「国立競技場は解体されました」更地になった跡地の写真が切ない