NEWS

スキーでジャンプしてみたら、高さ46メートルの崖だった......(動画)

2017年01月27日 17時22分 JST | 更新 2017年01月27日 17時22分 JST

私は高所恐怖症でした…奇跡的に、かすり傷ひとつもありませんでしたが、ヘルメットやギアは壊れてしまいました。5時間近くも一緒に雪を掘ってスキーを探してくれて、下山させてくれたマットに感謝します。

アメリカ・ユタ州在住のスキーヤー、デヴィン・ストラットンさんは気づかないうちに突然スキーで崖を飛び出すという、ヒヤリとする体験を味わった。そして、その様子がカメラで撮影されていた。

ストラットンさんの従兄弟、ブルックリンさんとベイリーさんがYouTubeに書いた説明によると、ストラットンさんはユタ州のティンパノゴス山で滑っている時、他のスキーヤーの跡をたどろうとした。

「デヴィンはジャンプする地点があるとわかって、ジャンプした…そこは切り立った崖で、152フィート (約46メートル) の高さだった!」と、ブルックリンさんとベイリーさんが書いている。

「奇跡的に、かすり傷ひとつありませんでした」 ストラットンさんは自分のInstagramに書いている。

ストラットンさんは、失くしたスキーを見つけるのに5時間も雪を掘り続けた。そして、スキーを見つけた後は、そのスキーを履いて再び滑り降りていった。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png


▼画像集が開きます

フリースタイルスキー

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

綱渡りのプロ、スキー場のリフトで首吊り状態になった友人を救う(動画)