運河で溺死したアフリカ難民を、観光客は笑いながら動画で撮影し続けた

投稿日: 更新:
印刷

イタリア・ベネチアのカナル・グランデ(大運河)で1月22日、西アフリカ・ガンビアの難民パテ・サバリーさん(22)が溺れているにもかかわらず、そばにいた観光客たちは暴言を浴びせて救助もせず、携帯電話で撮影していた。サバリーさんはその後溺死した。現在イタリア当局が捜査を進めている。

ネットに投稿された動画や写真をみると、傍観している人たちがいるなかで、サバリーさんが、22日、運河でもがいている様子がわかる。

【閲覧注意】動画に、溺れている人を撮影したシーンがあります

ロイター通信によると、飛び込んで救助しようとした人は誰一人おらず、周囲の人たちはサバリーさんをからかい、「馬鹿だな。奴は死にたいんだろ」などやじっていたという。タイムズによると、「そのまま国に帰れ」と叫んでいた人もいたという。

photo
ヴェネツィアの大運河で、ガンビア出身の男性が溺死した時、観光客がこの事件の動画を撮っていた

ただし、少なくとも救命用の浮き輪が3つサバリーさん付近の水上に投げ込まれた。しかしサバリーさんが浮き輪に手を伸ばしているようには見えなかったため、自殺を試みたのではないかという憶測もある。

イタリアのライフガード協会の代表ディノ・バッソさんは、「誰も責めたくはありませんが、おそらく彼を救うために、他にできたことはもっとあったのではないでしょうか」と語った。

地元メディアの報道によると、サバリーさんは2年前に、アフリカからにボートに乗って、イタリアに来ていた。

2016年、 18万1000人以上の移民がボートでイタリアにやって来た。その大半がサハラ以南のアフリカ出身者で、2015年と比較して18%近く増加している。

サバリーさんはイタリアへの居住許可証を持っていたという。

▼画像集が開きます

Close
地中海の難民たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)