MAKIDAI「ショックで記憶がなかった」『ZIP!』で仕事復帰、事故振り返る

投稿日: 更新:
MAKIDAI
EXILEのMAKIDAI(2010年6月) | Mark Kolbe via Getty Images
印刷

2016年末に北海道での交通事故で重傷を負ったEXILEのMAKIDAI(41)が1月31日、火曜パーソナリティーを務める日本テレビ系『ZIP!』で復帰した。

MAKIDAIは番組冒頭、スーツ姿で「ただいまです。無事に帰って参りました」と笑顔であいさつした。番組中のトークコーナーでは、事故の詳細や現在の状態について報告。事故当時は「直前と直後はショックで記憶がなくなっていまして」と明かし、「熱いものが流れているな、というのと、とにかく胸が苦しくて、熱くて辛いなというのが正直な思い出です」と、事故の瞬間に頭から出血した様子について生々しく語った。

現在は、歩行やジョギングはできるがケガは完治はしておらず、「骨がくっついていないので、激しい運動はできない状態です。痛みも完全にないわけではありません」と話した。

MAKIDAIは2016年12月24日未明、m-floのVERBAL、DJ DARUMAらユニット「PKCZ®」を組むメンバーとともに函館から札幌へ車で移動していた途中、大型トラックと衝突する事故に遭遇。肋骨骨折や肺挫傷など大ケガで1カ月以上の療養生活を送った

MAKIDAは30日、EXILEのTwitterに、右腕などにギプスをはめた姿のVERBALと、VサインのDJ DARUMAとの3ショット写真を公開した。「まだ激しい動きのある仕事は出来ませんが出来る事から徐々に始めていき、皆さまに少しでも恩返し出来るように…」と投稿していた。

VERBALも30日、自身のInstagramにこの写真を投稿し、「久しぶりにメンバーと いよいよ明日からマキさん復帰!自分は退院までまだまだですが、完治に向けて頑張ります」とのコメントを付けていた。


▼画像集が開きます▼

Close
2016年、話題の人々(社会・芸能・スポーツ編)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事EXILEのHIROがMAKIDAIさんらの事故で「移動手段、スケジュール見直す」GENERATIONSもコメント

【EXILE】松本利夫、USA、MAKIDAIが2015年いっぱいでパフォーマー卒業