NEWS

「恐怖で頭がいっぱいに」虐待で金魚を食べさせられた少女

2017年01月31日 22時23分 JST | 更新 2017年01月31日 22時34分 JST
annhfhung via Getty Images
Goldfishes

金魚食べさせられる虐待の日々 被害少女が当時の心境

 福岡県久留米市で、母親の交際相手の男から金魚の死骸を食べさせられる虐待を受けていたとされる少女(18)が1月31日、代理人弁護士を通じてコメントを公表した。「もっとひどい暴力を振るわれると思うと、耐えるしかなかった」と当時の心境を明かした。

 福岡地裁久留米支部の判決によると、少女と同居していた江上孝被告(47)は2015年、火のついたたばこを数回押しつけたり、金魚の死骸約60匹を食べさせたりした。逮捕監禁致傷、暴行などの罪で懲役10年を言い渡され、無罪を主張して控訴中だ。母親(47)もペンチで少女の舌を引っ張ったなどとして懲役3年執行猶予5年の判決が確定している。

 長女はコメントで「誰かに助けを求めたり、家から逃げ出したりすれば、仕返しをされて、もっとひどい暴力を振るわれるのではないかと思うと怖くてたまらず、じっと耐えるしかありませんでした」「恐怖で頭がいっぱいになっていて、逃げ出したいということすら考えられない状態でした」と記した。

 現状については「今でも、虐待を受けていた時のことを思い出したくなくても思い出してしまう時があり、怖くなったりつらく悲しい気持ちになったりする」とした。

 そして「一日でも早く事件のことは忘れて事件で受けた恐怖や苦痛から解放されたいという気持ちが強い」「今、私が願うことは、事件が起こる前のように心から笑える日を出来る限り早く取り戻したい、ただそれだけです」と結んだ。

(朝日新聞デジタル 2017年01月31日 20時36分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)