NEWS

インフルエンザでの試合欠場は悪いこと? 格闘家への出場停止処分に疑問の声【UPDATE】

2017年02月08日 00時10分 JST | 更新 2017年02月08日 01時55分 JST
David Becker / Reuters
Boxers Ryota Murata (R) of Japan and Gunnar Jackson of New Zealand battle during their middleweight bout at the Thomas & Mack Center in Las Vegas, Nevada November 7, 2015. REUTERS/David Becker

打撃格闘技イベント「RISE」は2月7日、インフルエンザで試合を欠場したスーパーライト級のHideki選手を、無期限出場停止処分にしたと発表した。欠場により試合自体がなくなった影響などを考慮したと説明しているが、処分の是非をめぐりネット上で疑問の声などが上がっている。

イベントは、1月28日に後楽園ホールで開催された「スーパーライト級タイトルマッチ」。同級王者の裕樹選手と挑戦者で3位のHideki選手が対戦する予定で、この日のメインイベントだった。

格闘技ニュースサイト「バウトレビュー」によると、Hideki選手は、試合前日の計量をクリアした後、体調を崩した。40度以上の高熱が出て、インフルエンザと診断され、欠場。RISE側が対応を協議した結果、不戦敗となり、裕樹選手の初防衛が決まった。

試合がなくなった代わりに、裕樹選手はスーパーフェザー級王者の野辺広大選手と、3分2ラウンドのエキシビションマッチを戦った。

この日は前座を含めて全12試合を予定しており、タイトルマッチの中止は、3試合目が終わった後に発表された。RISE側が会場で、「関係者が(開場時間の)5時ぐらいまで出られるよう全力を尽くしたが、出られる状態ではないと判断し、中止にした」と説明したと、バウトレビューは伝えている。

RISEは2月7日、公式Facebook上などで、Hideki選手を無期限出場停止処分にしたと発表。ファンに謝罪した上で、「病気とはいえ、あくまでもプロとして自己管理不足であり、関係者に多大なる迷惑をかけた」と理由を説明した。

病欠や出場停止処分の是非をめぐり、Twitter上では様々な意見が飛び交った。欠場については、「ありえないことが!!!その試合だけを見に来たのに」と残念がる声が上がる一方、「予防接種してもかかるケースがあって難しい」と理解を示す意見もあった。

出場停止処分に対しては、「病気なのに、心配されるどころか、無期限出場停止処分なんて」「いくらなんでもむちゃくちゃだ」と疑問を呈する声が相次いだ。中には、「妥当は判断だ。1回興業ができないだけで経営が傾く」と、処分に賛同する人もいた。

ハフィントンポストは2月8日、RISEに電話したが、繋がらなかった。情報が入り次第、追記する。

【UPDATE】(2017/02/08 13:50)

■RISE担当者「対戦相手が報われないのはよくない」

ハフィントンポストでは2月8日午後、RISEの担当者に電話で話を聞くことができた。担当者は、インフルエンザによる欠場は初めてだったことを明かし、処分の理由として「対戦相手やお客様に迷惑がかかった」ことを挙げた。

処分に疑問を呈する声が出ていることに対し、「確かに不可抗力な部分もあり、線引きは難しい」としつつ、「まじめに準備に臨んだ対戦相手が報われないのはよくない」と妥当性を強調した。

処分の内容については、「無期限と聞くと重すぎるように聞こえるが、期間を設けないことで柔軟に対応できる」と説明。Hideki選手は、処分について告げられると、「分かりました」と話したという。すでに本人と復帰を前提に話をしている。

今後は方針として、「インフルエンザについて選手や関係者に対策をするよう促していく」と話した。


■関連画像集「インフルエンザにまつわるデマ」

インフルエンザにまつわるデマ


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら