エビ中・松野莉奈さんが急死 18歳、モデルとしても活躍

投稿日: 更新:
RINA001
「私立恵比寿中学」の松野莉奈さん(2014年04月26日) | 時事通信社
印刷

人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー、松野莉奈(まつの・りな)さんが2月8日、死去した。18歳だった。朝日新聞デジタルでは、警視庁の情報として「病死とみられる」と報じている。

松野さんは2月7日の「私立恵比寿中学」のイベントを体調不良で欠席していた。FNNニュースによると、東京都内の自宅で療養していたが容体が急変し、8日午前5時ごろ、両親が119番通報し病院に救急搬送されたが、病院で死亡が確認されたという。

ハフィントンポストでは、松野さんの所属事務所であるスターダストプロモーションに詳細を確認中だ。

【UPDATE】スターダストプロモーションの担当者は「FNNニュースに書いてあることは事実です」と、松野さんの死去を認めた。7日夜に公式サイトで発表予定だという。(02/08 15:43)


■長身を生かしてモデルとしても活躍

松野さんは1998年、東京都生まれ。モデルプレスによると、小学1年生のときにスカウトされ、芸能活動を始めた。「ももいろクローバーZ」の妹分に当たる「私立恵比寿中学(エビ中)」に、2010年から加入した。

りななんの愛称で知られ、徳間書店の女性ファッション誌「LARME」のモデルとしても活躍していた。約170cmと長身で「見た目は大人、中身は子供」が、エビ中でのキャッチフレーズだったという。


■関連スライドショー(2016年に亡くなった著名人)

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)