Huffpost Japan

青い火球、アメリカ上空を横切る ミシガン湖周辺に落下か?(動画)

投稿日: 更新:
PHOTO
YouTube
印刷

アメリカ中西部で2月6日未明、夜更かしをしていた人にとんでもないプレゼントがあった。巨大な青白い火球が空を横切った。ネット上にはいくつも動画がアップされ、その様子をとらえている。

アメリカ流星学会(AMS)によると、アメリカの9つの州と、カナダ、オンタリオ州から185件を超える観測報告があった。午前1時30分ごろ、炎のような光の軌跡が見えたという。

「火球は、主にイリノイ州とウィスコンシン州で目撃されましたが、ミシガン、インディアナ、オハイオ、アイオワ、ニューヨーク、ケンタッキー、ミネソタ、オンタリオ(カナダ)などの州からも報告がありました」と、AMSはサイトで発表した。

この流れ星は極めて明るい光を放った隕石で、南西から北東へ向かい、ミシガン湖周辺のウィスコンシン州のシボイガン、マニトワックあたりに落下したとみられる。

ウィスコンシン州のFox6ニュースによると、目撃者は「ドーンという大きな衝撃音が聞こえ、ビルが揺れた」と語った。

以下、火球を撮影した動画を見てみよう。

素晴らしい動画だ。ウィスコンシン大学警察の警官が車載カメラでとらえた映像。これは、ウィスコンシン大学(UW)マディソンキャンパスのUWワイズマンセンターの近くで撮影された。

昨晩の中西部 #隕石 #火球がミシガン湖上空に。ウィスコンシン大学のキャンパスから。

私たちの署の警察官が2月6日午前1:30頃、車載カメラでとらえた映像。隕石で空が明るくなり、その後隕石が映像に映った。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集「シベリアのクレーター調査」が開きます

Close
シベリアのクレーター調査
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png